まずは、基本中の基本。Wordの起動方法と終了方法を紹介します。起動にも、いろいろな方法がありますので、自分にとって使いやすい方法を利用しましょう。

【CONTENTS】
スタートメニューから起動する
Wordの文書ファイルのアイコンから起動する
デスクトップにWordのショートカットを作る
クイック起動バーを使う
コマンドラインで起動する
Wordを終了する

スタートメニューから起動する

デスクトップ左下にある[スタート]ボタンは、WordにかぎらずWindowsソフトを起動する最も基本となるボタンです。クリックしてメニューを開いたら、[すべてのプログラム]→[Microsoft Office]の順番に選択し、表示されたメニューから最後に[Microsoft Office Word 2003]をクリックしてください。これでWordが起動します。


Wordの起動
[スタート]→[すべてのプログラム]→[Microsoft Office]→[Microsoft Office Word 2003]と操作


なお、[スタート]ボタンをクリックしたとき、最初に表示されるメニュー中に「Microsoft Office Word 2003」のアイコンがある場合は、そのアイコンをクリックしてもかまいません。

Wordの文書ファイルのアイコンから起動する

Wordの文書アイコン
Wordの文書ファイルのアイコン
次は、Wordの文書ファイルのアイコンから起動する方法です。たとえば、[スタート]→[マイドキュメント]と操作すると、いろいろな文書のアイコンが表示されます。この中に次のようなアイコンがあれば、それがWord文書のアイコンです。



このアイコンをダブルクリックすればWordが起動して、文書ファイルが読み込まれ、編集できるようになります。

このように、先にWordを起動しなくても、Wordの文書ファイルをダブルクリックするだけでWordが自動的に起動し、すぐに文書を編集できる状態になるのです。
Wordの文書アイコン
マイドキュメントやハードディスク内のフォルダにあるWordの文書ファイルのアイコンをダブルクリックするとWordが起動します


>次はデスクトップにWordのショートカットを作る方法です。