笑顔はプレゼンで重要な要素。聞き手も自分もリラックスできる

笑顔はプレゼンで重要な要素。聞き手も自分もリラックスできる

プレゼンテーションにおいて、笑顔はとても重要な要素である。こんなことは、おそらく耳にタコができるほど聞く言葉ではないでしょうか?

「笑顔が大切なことはわかっている。それをわかったうえで、なかなか笑顔が出ないのだが、どうしたらよいか?」

本当に笑顔で悩んでいる方の本音はここではないでしょうか? そこで、今回はプレゼンテーションにおいて、ステキな笑顔を出すための方法をいくつかご紹介したいと思います。

聞き手に「感謝の念」抱く

一番本質的な方法がこの「聞いてくれる人への感謝の念を抱く」です。
どうしても、プレゼンを行なう際には「うまく話さないと」と自分のことばかりを考えて自分本位になってしまいます。

しかし、プレゼンテーションは話し手と聞き手が両方いて、はじめて成り立つもの。
そして、聞き手の人たちは話し手のために時間を取ってプレゼンの場に集まってくれているのです。

「この人は忙しいのに、仕事の都合をつけて、この会議室に来てくれている。自分の話を聞くために、余計な時間を割いてくれている」

そう考えたら、晴れやかな笑顔がこみあげてくるでしょう。

話題にジョークを取り入れてみる

それでも笑えないときは、話題にジョークを取り入れてみるのも1つの手です。自分が言ったジョークで自分が笑っちゃうことって、ありますよね。それを意図的に取り入れてやり、自分をリラックスさせようという方法です。

しかし、この方法はそのジョークがスベってしまい、より自分を追い込む恐れがあるので、ある種上級編かもしれません。