手帳につかうペンで出る差は?

前回の『営業マンが使うべき手帳とは?』に続いて、手帳術についてです。手帳術というのは、みなさん興味があるみたいですね。いくつか、読者の方から質問をいただきました。

PDA対アナログ手帳

一番ご興味あるのは、「PDAよりも、アナログの手帳のほうがよいのか?」ということのようです。

私の意見では、圧倒的にアナログですね。枠組みにとらわれず書けるので、記入にかかるスピードも早い。記入したページに何が書いてあったか、目的のページを検索するのも、通常の記入量ならばアナログの勝ちでしょう。とにかく、通常の手帳のほうが早いのです。

また、すでに書き込んだページをペラペラとめくりながら、ザーっと眺めるのも、アナログ手帳のほうが効率的にできます。またの機会に詳しく書きたいと思いますが、この「パラパラめくる」というのがすごく大事なんですよね。

情報機器が進歩している現在ですが、この手帳に関してはまだまだアナログの優勢は続くと思います。

さて、今回は、そんなアナログ手帳には欠かせない『ペン』についてです。


ペンは3in1タイプに限る

手帳にメモをする際、どういうペンを使っていますか? ボールペン?シャープペンシル?えんぴつ?

私は、手帳には3in1タイプをオススメしています。もう、これしかないと思っています。

3in1タイプとは、黒ボールペン・赤ボールペン・シャープペンシルの3用途が1本のペンに内蔵されたもの。日経アソシエの最新号に、私が使っている現物が載っていますので、良かったら見てみてください(ちなみに、最近私が愛用しているのは、パイロットの2+1midyというやつです)。なぜ、これが良いのか?用途を考えると、この結論に達します。

最も使うのが黒ボールペン。シャープペンと比べると、滑りがよく、書きやすい。書くスピードを高めようと思うと、やはり基本的には黒ボールペンははずぜません。

でも、スケジュール欄は、ボールペンで書くわけにはいきません。予定は変更がつきものですから、消しゴムで消せるようにシャーペンで書くのが効率的です。これをボールペンで書いてしまうと、スケジュール欄がグチャグチャになって、読みにくいったらありませんから。

では、赤ペンは何に使うのか? すでにやり終わったToDoを消したり、書いてあるメモに注意書きをしたりするのに使います。こういった追記を黒でやってしまうと、どこが追記だったのかが一目でわかりにくい。赤でやると、よく見えるんですよ。一度使い出すと、やめられません。

このようなところを考えると、3in1タイプは必須かなと感じています。「自分には必要ないんじゃないか?」と感じている方も、一度使ってみてください。2000~3000円くらい出せば、ソコソコ使いやすいものがゴロゴロしています。
ヤミツキになることうけあいですよ。

 


■関連サイト

連載:営業マンの時間管理



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。