読書感想文は難しくない!

読書感想文は難しくない!

読書感想文が苦手な子は多い!

さて、夏休みの宿題の定番といえば、『自由研究』と並んで『読書感想文』は、はずせないでしょう。

「原稿用紙1枚、書けばいいんでしょ! 早くやっちゃいなさいよ!」などと叱咤激励するパパやママも多いかもしれませんが、文章を書くのが苦手な子にとってはこれがなかなか難しい! 

そこで今回は、読書感想文を書くための”コツ”を集めたお助けサイトをご紹介すると共に、ライター業を営むガイドが、「文章作成のツボ」ご紹介します!

読書感想文お助けサイトはこれだ!

原稿用紙の使い方だって重要!
原稿用紙の使い方だって重要!
読書感想文を書くときに押さえておきたい”ツボ”はいくつかあります。

●原稿用紙の使い方

文章の書き出しは一ます空けるといった基本的なことがわかっていない子どもも意外と多いもの。原稿用紙を正しく使い、体裁を整えるだけで、グッと仕上がりの印象が良くなります。

●本選び
夏休みも終わりのこの時期になって、例えば「ハリーポッター」のような大作に挑むのは無謀というもの。短編小説など、文章量が短めの本を選ぶといった点も重要です。

また、課題図書の中から選ぶ場合には、学年の枠にとらわれる必要はないと思います。興味が持てずに、文章量の多い本を無理やり押しつけて”本嫌い”にするくらいなら、絵本感覚で読める本を数多く読んで本に親しむのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

●読み手の好みを把握する
学校の宿題として出されている場合、先生があなたの文章の”読み手”です。読み手がどんな文章を好むのかを、頭の片隅において書けるようになれば、”文章上手”の称号は、もう、あなたのもの!

そこで、こうした”ツボ”について詳しく解説しているサイトを徹底紹介します!

<関連リンク>
あなたにもできる!読書感想文の書き方
読書感想文の書き方を、項目ごとに詳しく解説してくれている頼れるサイト。「フリー感想文」も掲載されていますが、このサイトは、学校の先生だって、クラスの友人たちだって見ています。あくまで書き方の参考文として捉えましょう!

こうすれば書ける読書感想文
本の選び方から題名の付け方まで、細かく解説されているだけではなく、親が子どもにどうアドバイスをしたらいいかが書かれていて、親にも参考になります。

2006年の課題図書一覧(Amazonリストマニア)
2006年の、学年別の課題図書一覧が掲載されています。本選びに迷うようなら、とりあえず課題図書を押さえておけば安心です。

児童・生徒のための読書感想文の書き方教室
読書感想文の書き方ヒントの他に、お役立ち図書も数多く紹介されています。著名な本のあらすじがまとめられた”あらすじ本”は、確かに時間のないこの時期には役立ちそうです。

現役ライターが伝授!ここを押さえれば読書感想文は5分でできる!

これを知っていれば5分で書ける!
これを知っていれば5分で書ける!

■読書感想文は”本の感想”にあらず!
読書感想文が嫌い!という人の、嫌いの理由を考えると、もともと文章を書くのが苦手というほかに、その本の主人公の気持ちを、本を読んでもよくくみとることができないからという場合があります。

しかし、極端に言ってしまえば、読書感想文に、その本の主人公の気持ちを書く必要はありません。自分がその主人公だったらということを書けばいいのです。

そうした意味では、今年の低学年向けの課題図書の中では「どんなかんじかなあ」(中山千夏/作・和田誠/絵)は、オススメの一冊。主人公のお友だちのまりちゃんは目が見せません。そこで主人公は考えます。「目がみえないって、どんなかんじかな」って。読書感想文の基本は、まさにここにあります。本のあらすじや登場人物の気持ちをなぞるのではなく、「もし、今、突然自分の目が見えなくなってしまったら、自分はどうするのか」「お友だちの目が見えなくなってしまったら、私はどう接していこうと思うのか」と、自分に置き換えて書けばいいのです。どうです? そうすれば、少しは苦手意識が薄らいでいく気がしませんか?

■”伝記”に縛られない!
伝記ものも、読書感想文の題材としては人気がありますが、伝記もので感想文を書く場合、どうしても「本当に素晴らしいと思いました。私も**さんのようになりたいと思います」といった文章に傾きがちです。
そこでオススメなのが、最近話題の人物の発言などを集めた「発言録」を題材にする方法です。

例えば小学校高学年以上で、サッカー大好き!な少年なら、「オシムの言葉~フィールドの向こうに人生が見える~」(木村元彦著)などはいかが? この本は、高校生向けの課題図書に指定されていますが、小学生であっても、感想文は苦手でも、大好きなサッカーのことならいくらでも熱く語れるという子どももいるはず。オシムジャパンにかける熱き期待を書きつづれば、それはもう立派な読書感想文ですよ!

■「名作」は避ける!
読書感想文というと、親はどうしても「夏目漱石」「森鴎外」といった大作家の古典的名作を薦めがちですが、時間のない時には、”大作家の名作”はむしろ避けるべき。なぜなら多くの名作と呼ばれる作品の場合、主人公の複雑な心象風景が、高度な文章表現で書き込まれていることも多いため、簡単に「もし、自分が主人公なら」と、置き換えて考えることができにくいからです。

■ひらめきを大切に!
インターネット書店では、必ず本のあらすじが書き添えられていますが、その短い一文を読んで「この本なら書けるかも!」とか、「そういえば私にもこんな体験があった」と、パッとひらめく出会いがある場合があります。
読書感想文の場合、自分がその本の内容に入れ込めるか否かも大切な要素なので、本選びにの際には、そうした”ひらめき”も大切に!

さあ、夏休みの読書感想文、がんばってしあげちゃいましょう!



<関連リンク>
読書感想文なんて簡単!
自由研究で使えるフリー素材をチェック!
まだまだ間に合う!自由研究お助けサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。