子どもの「好き」を大切に―
選び方から読み方までママの悩みに答えてくれる「国際子ども図書館」

概観写真

子どもの本は世界をつなぎ、未来を拓く! 国立では唯一の児童書専門の図書館、国際子ども図書館です

近年盛んなブックスタートや読み聞かせなどの、子どもの読書に関する取組み。

素晴らしいことには違いないのだけれど、親だからといって皆、本が好きというわけではありませんよね。どちらかというと本が苦手で何を読んであげたらいいのか分からない、せっかく本を読んであげてもちっとも聞いてくれない……子どもと本に関する悩みを抱えるお母さんは少なくないのです。

もしあなたがそんなお母さんの一人だったら、ぜひ足を運んでいただきたいのが、国際子ども図書館。日本で唯一の国立の児童書専門図書館です。

図書館の方が強くおっしゃっていたのは「とにかく気軽に来て、気軽に相談してください」ということ。「私たちは、子育てについて分からなくても本については知っています。それから、毎日沢山のお子さんを見ています。お子さんの年齢や興味など、個性や『好き』という気持ちを大事にした本選びができると思います。日頃一生懸命育児を頑張るお母さんたちに、本についての悩みを解決する糸口をつかんでいただけたら」と、頼もしいおことばを聞くことができました。

専門家の力を借りて、リラックスした楽しい絵本の時間を過ごすことができそうですね。

それでは早速、館内を見ていきましょう。

本と出会う舞台は、大人も見とれるクラシカルな洋館

シャンデリア写真

本ではなく、建物を見に来る人も多いほど歴史のある建物

国際子ども図書館は、動物園に博物館や美術館― 子どもから大人まで楽しめる施設が並ぶ上野恩賜公園内に位置します。

レンガと石で作られた洋館に、ガラス張りのエントランス。明治期に作られたルネサンス様式の建物に建増や修理を行い、平成には建築家の安藤忠雄氏らも加わった工事が行われ、現在の施設ができあがりました。 漆喰の壁・寄木細工の床・100年前のシャンデリアなど多くの見どころがあります。

 
子どものへや写真

光天井のおかげで、狭いところが大好きな子どもたちが、部屋の隅で本を読んでも大丈夫

1階は、子どものためのフロアです。メインの閲覧室とも言えるのは「子どものへや」。丸く配置されたメイプル色の書架や机・椅子はやさしく明るい雰囲気です。

そして、天井にもご注目。光天井と呼ばれるこの天井は、影ができにくい全体照明になっています。おかげで、子どもが本に夢中になって顔を近付け過ぎても、頭の影ができません。


 
また、この部屋では季節やイベントに合わせた小展示も行われています。慣れた本にしか手が伸びないような子が、表紙のイラストから興味を持つことも。無理強いせずに、そっと薦める― これも、子どもの「好き」を大切にした図書館の工夫の一つです。なお、この展示の本のリストは、図書館HPで公開されています。プレゼントの参考にもどうぞ。

世界を知るへや写真

「世界を知るへや」。かつて貴賓室として使われていた部屋でもあり、穏やかで上品な雰囲気があります

「子どものへや」に続くのは、「世界を知るへや」。大人が読んでも楽しめる世界各国の地理・歴史・民族等を紹介する本が置かれています。

2階の大人のためのフロアにあるのは、海外で刊行された児童書や日本の最新版の教科書などが並べられている資料室。ただしこちらは利用目的が調査研究となり、手続きが必要なのでご注意を。

 

おすとあく写真

扉についている「おす登あく」(押すと開く)のプレート。開き戸の珍しかった時代ならではの注意書きです

そして3階は、大人と子どものためのフロア。約130点のDVDなどが閲覧できる「メディアふれあいコーナー」と、児童書に関連するイベントが行われる「ホール」、児童書の展示会が開催される「本のミュージアム」があります。

ミュージアムには、丸い二つの展示塔が並んでおり、天井も高く、美しい飾りのついた柱もあります。タイムスリップしたようなその雰囲気に、子どもたちも大喜び! もちろん、親と子、祖父母と孫、それぞれが楽しめる展示内容にもご注目ください。