京都にセカンドハウスを持つには?

さて、ではそんな京都にセカンドハウスを構えることは容易なのか。答えはノーである。もちろんマンションなら何でも良いというなら話は別だ。

もし仮に海外も含めたVIPを招待したり、京都らしい場所に持ちたいというなら伝統産業や京町屋が集まる「田の字(都心幹線沿道)地区」が理想であるはずだが、このあたりはそもそも小ぶりで細長い土地に建てたペンシル型のマンションが目に付く。
写真をクリックすると次の写真に進みます
京都ならではの街並み