海外旅行に行って、ホテルでチェックインを済ませると、ほっと一安心。でも、滞在している間にいろいろ用事を頼みたいことも出てきます。どんなことが頼めるのか、またどんな風に頼めばいいのか、ホテルを上手に活用するためのコツをお教えしましょう。

<目次>  

英語でフロントに電話


 
 
ホテルの部屋  
海外のホテルでは、照明がすべてスタンド式で、天井にライトがないこともあります
ホテルの部屋に入って、さあこれでくつろげると思ったら、「電気がつかない!」「エアコンの調整の仕方がわからない!」なんていうことはありませんか? こんなときは日本のホテル同様、まずはfront desk(フロント)に電話します。
 


ホテルのスタッフはHello. How may I help you?(こんにちは。ご用件を承ります)と言って電話に出るので、最初はこう伝えましょう。

Hello. This is room 1203.
(ヘロウ。ディスィズルームトェルヴオウスリー/こんにちは。こちらは1203号室です)

英語では4ケタの数字は12(トゥエルヴ)/ 03(オウスリー)のように2ケタずつ区切って言うことが多いのですが、1ケタずつ「ワントゥーゼロスリー」のように言ってもいいし、「ワンサウザントゥーハンドレドスリー」でもかまいません。

次に、何かのやり方を教えてほしい、ということを伝えましょう。ポイントは、Could you tell me ~?という丁寧な依頼の表現です。

Could you tell me how to control the air-conditoner?
(クドゥユーテルミハウトゥカントロウルジエアカンディシャナー/エアコンをどうやって調整すればいいか、教えていただけませんか)

Could you tell me how to use the Internet?
(クドューテルミハウトゥユージインターネト/インターネットはどうやって使えばいいか、教えていただけませんか)

インターネットは、Wi-Fi(ワイファイ。無線LAN)が使えるところと、部屋にLAN cable(LANケーブル)が設置されているところとがあります。Wi-Fiにはアクセスのためのパスワードが設定されていることがあるので、利用したいときはDo you have a password for the Wi-Fi?(Wi-Fiのパスワードはありますか)と聞いてみましょう。

フロントでは、口頭で説明してくれることもあれば、例えばこんなふうに対応することもあります。

We'll send someone to your room.
(ウィルセンサムワントゥユアルーム/部屋に人を送ります)

こう言われたら、Thank you.と言って係の人が到着するのを待ちましょう。例え英語がよくわからなくても、目の前で説明してくれると、何となく理解できたりするものです。


 

壊れているものがあったら?


 
 
ホテルの部屋
toilet paper(トイレットペーパー)も足りなくなりがちなものの一つ
ホテルの部屋に入って、電気のスイッチを入れ、「あれっ、電気がつかない?!」と思う前に、要チェック。欧米系の大きなホテルでは、部屋の電気は、カードキーを部屋の入口にあるケースに差し込むとつくようになっていることが多いようです。

やるべきことを全部やってもダメなようだったら、フロントに電話してこのように伝えます。

The light in the room doesn't work.
(ザライティンザルームダズンワーク/部屋の電気がつかないんです)

このdoesn't workは機械仕掛けのものが動かないときに使える表現で、The hair drier doesn't work.(ドライヤーが動かないんです)、The TV doesn't work.(テレビがつかないんです)など、いろいろなものに使えます。

なお、~ is brokenと言ってしまうと、調子が悪いのではなく、まったく使えない状態になっているかのように聞こえるので、ひとまずdoesn't workと言っておくのが無難です。

その後、「直してください」または「代わりのものを持ってきてください」と頼むには、例えばこんな風に言います。

Could you please fix it?
(クドュープリーズフィクスィト/直していただけませんか?)

Could you bring a new one?
(クドューブリンガニューワン/新しいのを持ってきていただけませんか?)

中には、部屋にある備品が足らない、もしくは余分に持ってきてほしいということもありますよね。そんなときは、こんな風に頼みます。

We don't have enough towels. Could you bring a hand towel?
(ウィドンハヴイナフタウアルズ。クドューブリンガハンタウアル/タオルが足りません。ハンドタオルを持ってきていただけませんか?)

Could we have some more shampoo?
(クドウィハヴサモアシャンプー/シャンプーをもう少しもらえませんか?)

Could you bring ~?は「~を持ってきてください」という一種の指示であるのに対し、Could we have ~?は「~をいただきたいのですが」という、丁寧な依頼になります。なお、ホテルのタオルは大きめのbath towel、中くらいのhand towel、手を拭くための小さいwashclothと3種類あるのが一般的。

さて、「持ってきてください」と言っているからには、相手はたいてい、「すぐに行きます」と答えるはずですよね。英語ではそんなとき、こう言います。

Right away.
(ライタウェイ/ただいま<うかがいます>)

もしくは、「切らしています」といった答えが返ってくる可能性もありますが、これがその表現です。

Sorry. We ran out of it.
(ソウリー。ウィラナウトヴィト/すみません、ただいま切らしております)

ホテルの人が使う言葉はたいてい決まったものなので、最初は聞き慣れないと思っても、一度覚えてしまえばもう大丈夫。次回の旅行では、ぜひフロントへの電話にチャレンジしてみましょう!


 
関連記事
 

海外ホテルでの英会話例文・チェックイン編
ホテルにチェックインするときの定番英語フレーズ
海外ホテルでの英会話例文・滞在~チェックアウト編
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。