フリーターはfreeter?

passport control
passport controlは「入国管理」という意味
前回に続き、「トラベル英会話クリニック」の第2回です。今回取り上げるのは、「入国審査」の場面。何回旅行していても、緊張しちゃいますよね。聞かれることはあらかじめ決まっているので、知らない単語やフレーズを押さえておくことが肝心です。

フリーターのミホさんは、念願のイギリス一人旅に出かけることにしました。機内で渡された入国カード(immigration card)には何を書けばいいかよくわからないところもありましたが、「どうせただの観光旅行なんだし」と空欄のままにしておくことにしました。さて、入国手続きでの会話です。

■見つけてみよう!どこが間違い?
係員:What's your occupation?
ミホ:オ…オキュ?
係員:Occupation. Job. What's your job?
ミホ:Oh, job! I'm a freeter.
係員:... What's your address in London?
ミホ:Address? I don't live in London.

■会話を診断します!
係員:What's your occupation?
occupationは「職業」という硬い言い方で、初級者なら知らなくて当たり前。でも、入国審査のときには、たいていこの語を使います。覚えておくといいでしょう。

ミホ:Oh, job! I'm a freeter.
freeterはご存じの方も多いように、和製英語。「アルバイト」もドイツ語から来ているカタカナ語で、「アルバイトをして生活している人」というには、part-time workerという言葉を使います。

ミホ:Address? I don't live in London.
What's your address in London?を「ロンドンでの(住まいの)住所はどこですか」と解釈してしまったようですね。入国審査のときにこう聞かれたら、「…ではどこに滞在しますか」ということ。旅行者の場合、ホテルの名前を答えればよいのです。

⇒それでは、正しい言い方を見てみましょう。