on the ceilingは「天井の上」ではない!

on the ceiling

天井の「下」にあるのになぜか「on」

前置詞のonと聞いたときに、まっさきに思い浮かぶのは「~の上に」という意味ではないでしょうか。でも、実際のonの使われ方を見ると、必ずしも何かの「上」とは限らないようです。

onの典型的な使われ方として、on the table(テーブルの上に)やon the floor(床の上に)があります。これは「~の上に」ということですんなり理解できますね。それでは、次の表現の意味は?

a light on the ceiling

lightは「照明」、ceilingは「天井」ですが、「天井の上の照明」ではなく、「天井の"下"についている照明」ですね。なぜ「上」ではないのにonを使うかというと、onは「くっついている」「のっかっている」という意味を持つからなのです。照明は天井の「上」にあるのではなく、天井の板にくっついて下からのっかているのですね。

例えば、次のような使い方も、「くっついている」「のっかっている」と考えれば、理解できます。

a baby on her back(彼女が背中にしょっている赤ん坊)
a ring on her finger(彼女の指にはめた指輪)
the hands on the clock(時計の針)

時間や行為にものっかるon

「くっついている」「のっかっている」という意味が抽象的な概念も表すことから、例えばこういうときにも、onが使われます。

on time(間に合って)=時間にちょうどくっついてのっかっている
live on rice(米を主食とする)=米にくっついてのっかっている
It's on me.(私のおごりだ)=(勘定が)私にくっついてのっかっている

同様に、「~中である」という意味を表すこともできます。

I'm on a diet.(ダイエット中だ)=ダイエットにくっついてのっかっている

それでは、これが動詞と結びつくと、どのような意味を表すのでしょうか。試しに、onを使って次の表現を英語にしてみましょう。

「私は毎朝バスに乗る」

答えは次のページで!