金額「1万」を英語で急な場面でも言える?

数字の「ケタ」は英語でdigit

数字の「ケタ」は英語でdigit

100(hundred)、1000(thousand)という単位を英語で使いこなせる人は多いかと思いますが、「1万」といわれると、とたんに答えに詰まってしまうのでは? ここでは、基本的な数字の表現をおさらいしておきます。

海外の多くの国で通用するアメリカドルやユーロは、比較的覚えやすい通貨だと言えます。

「1ドル45セント」はone dollar forty five cents
「5ユーロ25セント」はfive euros twenty five cents
と、表現の仕方はいたってシンプル。ケタ数もそれほど多くないので、慣れてくると割合スムーズに使えます。

問題は、ケタ数がだんだん大きくなってくる、アジアの通貨など。例えば、韓国のwon(ウォン)の場合、日本の1000 yenが10,000 won程度に相当します。そうすると、次のようなフレーズに出くわすことも、珍しくはないのです。

客:How much is this?
(ハウマチィズディス/この商品はいくらですか?)
店員:This sweater is 26,500 won.
(ディスウェターリズトゥエンティシクサウザンアンファイヴハンドレドゥオン/このセーターは2万6500ウォンです)

2万6500ウォンでもまだ2,650円ほど。ずいぶん安いと言えますが、突然26,500 wonと言われても、なかなか理解できないですよね。そこで、ここでケタ数が大きい数字の言い方をまとめてみます。
 

大きい単位の数字を英語で!簡単な覚え方のポイント

<万>
10,000=ten thousand 
12,000=twelve thousand

<10万>
100,000=one hundred thousand
120,000=one hundred and twenty thousand

<100万>
1,000,000=one million
1,234,000=one million and two hundred thirty-four thousand

こんなのとても、口頭では言えない……と思うかもしれませんが、実はここに一つ、大きなポイントがあります。

それは、日本語では「百、千、万」という位取りがありますが、英語ではhundred(百)、thousand(千)の次がmillion(100万)になること。つまり、「1万」と「10万」の位さえ攻略すれば、後はなんとかなりそうです。

うまく言うためのコツとしては、" ,000=thousand "と考え、" ,000 " の前の数字を確実に言うようにすること。例えば、こんな感じです。

12,000=12+,000=twelve + thousand=twelve thousand
120,000=120+,000=one hundred and twenty + thousand= one hundred and twenty thousand

こういう数字の言い方を覚えておくと、
The population of this town is about 100,000.(この町の人口は約10万人です)
The ancient palace was about 10,000 square meters.(その古代の宮殿は約1万平方メートルありました)
なんていう話にもついていけるようになります。

「1万」と「10万」をマスターすれば、「1000万」も10+,000,000 = ten millionといった調子で覚えていくことができます。今度の旅行の前に、数字を見ながら練習してみましょう。

【関連記事】
英語で10000は何と読む?桁の大きい数字の読み方
英語の数字の読み方・書き方 基数・序数編

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。