4桁以上の大きな数字、英語での読み方は?

ビジネスで大切な数字。特に大きな桁の数字には、時として戸惑いが生じます。大きな桁の数字の読みに慣れ、プレゼンで自信を持って表現しましょう!

今回は4桁以上の桁の大きな数字の読み方のポイントについてご紹介しますが、3桁以下の数字の読み方やポイントに関しては「英語の数字の読み方・書き方 基数・序数編」こちらでご紹介しているので、合わせてご参考にしてください。

英数字を読み解くマジックワード


数字には、3桁ごとにカンマ(,)が打ってあります。日本に簿記が輸入されたときに、英数字の単位表記をそのまま受けついだのがその由来です。ですから、まずはこの区切りを迷いなく読むことが何より大切です。

例えば、1,000,000,000,000は、1兆ですが、この3桁ごとのカンマが、右から、Thousand(千)、Million(百万)、Billion(十億)、Trillion(兆)で、区切りごとの単位をあらわしています。この頭文字をとって「右からTMBT(ティーエムビーティー)」と覚えておきましょう! さらに、この3桁間は、100(Hundred)単位になっていると理解すれば後は簡単です。

「万」や「億」はない?桁が大きい数の英語での数え方

さて、お気づきの通り、英語には日本の万と億がありません。1万(10,000)は、ten thousand、1億(100,000,000)は、hundred millionとなります。

また、アメリカとイギリスでも、単位に違いがあります。イギリスでは、billionは本来「兆」を意味していますが、最近ではイギリスでもアメリカ式に近づく傾向があるようです。ここでは、アメリカ式で換算しています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。