件名や表現方法、返信は?英語でアポイントをとるメール・手紙の書き方

好評の英文メール書式文例シリーズに加え、英文ビジネスレターの書式文例をシリーズでご紹介いたします。メールよりはやや硬い文体となりますが、丁寧なメールの書き方例文としても参考になるはずです。

英文ビジネスメール・ビジネスレターの両方で使える例文シリーズ。今回は「アポイントメント」についての例文です。訪問のお願いなどの約束をするときの、相手へ直接連絡する場合、上司の代理の場合、秘書を通して連絡する場合などの表現方法を身につけましょう!アポイントメントへの返信の書き方も紹介しているのであわせて確認してみてください。


ビジネスメール・レター文例 英語でアポイントをとる場合(日本語訳付)


UNIVERSAL MACHINERY CO.,LTD.


3-1*-** Tsukiji 3 Chome Chuo-ku Tokyo 104-004* Japan
Phone:03-4***-1*** FAX:03-4***-2*** E-mail:um001@global.co.jp
================================================================
Date: April 15, 2006
Our Ref.: A-101

International IT Network Inc.
15** FIRST AVENUE
NEW YORK, NY 1*02*
U.S.A.


Dear Sir:
Request for Appointment
(アポイントの依頼)

I will be in New York from Wednesday, April 2, until Friday, April 4.

(来る4月2日水曜日から4月4日金曜日まで、ニューヨークに行く予定です。)


I would like to meet you at your office to discuss the new project we talked about over the phone.

(その折、あなたの会社でお会いし、お電話にてお話いたしました、
新しいプロジェクトに関する検討をさせていただきたいと思います。)


Please let me know when you could see me. I can come to your office at any time during the above mentioned period.

(いつお会いできるかお知らせいただきたく思います。上記期間であればいつでもあなたの会社までお伺いすることができます。)


If it will be available, I will call / e-mail your secretary next week to schedule an appointment I am looking forward to meeting you.

(来週、あなたの秘書に 電話/Eメール し、アポイントをスケジューリングさせていただきたいと思います。お会いできますこと楽しみにいたしております。)


Sincerely yours,
Kazuhiro Takemura, Manager
Network Solution Div.

KT/yw