結びに添える言葉で、相手に好印象を

.

        人間関係を繋ぐ結びの表現とは?

英文ビジネスメールは、宛先、件名、受取人名、頭語、前文、本文、末文、結語、差出人名(署名)で構成されています。ここでは、末文の書き方をお伝えします。

英文ビジネスメールの末文

「末文」の役割は、主に3点です。
1.重要事項の確認をする。
2.相手への具体的な依頼があれば記す。
3.感謝や、スムーズな意思決定を促す。

特に、3番目の点につき、今回は、記述することにします。

ビジネス英文メールというと、とかくビジネスライクに用件だけという印象がありますが、欧米でも人間関係は、重要ですし、日本人特有の心遣いを末文に添えることで、好印象を与えられることも事実です。また、日本人の場合、どうしても、締めくくりとしての儀礼的な表現がないと落ち着かないという心理が働くこともあるでしょう。

人間関係を繋ぐ表現

I look forward to hearing from you soon.
(メールお待ち申し上げます。)

I look forward to talking with you.
(お話しできる機会を楽しみにいたしております。)

I hope we can keep in touch by e-mail.
(メール交換できれば、幸いです。)

I look forward to your visit.
(ご訪問、楽しみにいたしております。)

If you have any questions, please feel free to contact us at any time.
(ご質問等ございましたら、いつでもご連絡下さい。)

Please give my best regards to your staff.
(スタッフの皆様にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。)

感謝を表す表現

I am much obliged to you.
(フォーマルな印象:厚く御礼申し上げます。)

I sincerely appreciate your warm consideration.
(ご配慮心より御礼申し上げます。)

Thank you very much for your prompt reply.
(早速のご返信、ありがとうございます。)

Thank you for everything.
(いろいろとありがとうございました。)

Thank you very much for your help.
(ご助力ありがとうございます。)

I appreciate your time and effort.
(ご尽力を感謝いたしております。)

Thank you in advance.
(宜しく御願い致します。)

Thank you for your cooperation.
(ご協力ありがとうございます。)

謝罪の末文表現

クレームへの対応や、相手に多少無理を御願いする内容のメールの場合には、謝罪の表現を入れることもしばしば効果的です。

We apologize for any inconvenience this may have caused you.
(フォーマルな印象:この件につきまして、ご迷惑おかけいたしましたことお詫び申し上げます。)

We apologize for the inconvenience.
(ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。)

I apologize for the short notice.
(急なお知らせで申し訳ありません。)

Please accept our deep apologies for your incovenience we have caused.
(ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。)

Please accept our apologies.
(本当に申し訳ございません。)

Please accept our deep apologies for any inconvenience we may have
caused you.
(すぐにお返事申し上げず失礼いたしました。)

We apologize sincerely for the delay in payment.
(支払いが遅れ申し訳ありません。)

We appreciate your understanding of our situation.
(何卒、事情をご理解くださいますよう御願い致します。)

We would appreciate your understanding.
(ご理解の程、お願い申し上げます。)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。