英語プレゼンテーションの構成は?

英語プレゼンテーションの技法(1)
英語のプレゼンはイントロで勝負!
外資系企業で働く人はもちろん、英語のプレゼンテーションが必要な場面が増えています。今回は、初めてプレゼンテーションに臨むことになった人でもうまく進められるようにポイントやコツ、プレゼンテーションで使う英語表現などを紹介します。

なお、プレゼンにおける英語の発音についての注意点については『英語プレゼン成功の秘訣』を確認してください。

英語のプレゼンテーションは大きく分けると、導入・開始(THE INTRODUCTION / OPENING)、本論(THE BODY)、結論・むすび(THE CONCLUSION /ENDING)という3つの項目で構成されています。この流れに沿って、説明していきます。

「イントロ」で使う英語プレゼンテーションの表現

英語のプレゼンテーションで大切な、「イントロ」"Introduction"は、思った以上に重要な部分です。出だしであると同時に『掴み』の部分でもあります。掴みですから、ここでプレゼンテーション全体の成否が決まることすらあり得る部分です。

イントロダクションも5つの項目で構成されています。
  1. 切り出しの表現
  2. 開始のアナウンス
  3. 参加者への謝辞
  4. 目的と背景説明
  5. 見通しを示す
この流れで構成すれば間違いはありません。

導入1:切り出しの表現(始めの挨拶)

切り出しの表現で使う英文例をご紹介します。

"Good morning, everyone/everybody."
皆さん、おはようございます。

"Good afternoon, everyone/everybody.
皆さん、こんにちは

"Good evening, everyone/everybody."
皆さん、こんばんわ

"Hello, everyone/everybody."

皆さん、こんにちは

"Ladies and gentlemen."

皆さん

everyone/everybodyのどちらを使うかは、好みの問題です。基本的にはどちらも同じ意味合いですので、発音して自分の気持ちをdeliver《伝達》できると感じる「音」を択ぶとよいでしょう。"every"には、「一人一人」という意味がありますから、会場に来ている一人一人に挨拶する気持ちを込めるとよいでしょう!
特に、"V"の音を息で強調するとそのニュアンスを伝えやすくなります。

この後、初対面の聴衆に向けてのプレゼンテーションの場合、自己紹介をします。自己紹介の表現は『英語で自己紹介 ビジネスで使える例文・文例』をご確認ください。

導入2:開始の宣言(アナウンス)

続いて、プレゼンテーションが始まることを聴衆に伝えましょう。

"Now, let us begin."
それでは、始めましょう。

"Let's begin."
始めましょう。

導入3:感謝の言葉

英語プレゼンの技法(1)!
聴衆の心を掴む最初のステップ!
時間に応じた挨拶と開始の宣言が終わった後は、自分のプレゼンへの気持ちを込めた挨拶を行います。日本人のプレゼンテーションの場合、この部分に照れが入るためか、トーンが弱くなりがちです。是非、聴衆を歓迎・ウェルカムするつもりで、心を込めて挨拶しましょう!

"I'm very glad to be here today"
今日はここに来れて大変嬉しく思っています。

"Thank you very much for coming (to my presentation) today."
本日は、(私のプレゼンに)お越し下さり、ありがとうございます。

"
I am very happy to see all of you today."

今日は皆さんにお会いできて大変嬉しく思います。

"
I would like to thank you for your time today."

お忙しいところ、お時間を頂き、有難うございます。

"
Thank you all for coming today."

本日は貴重なお時間を頂き、有難うございます。

"
We appreciate your presence today."

お忙しいところ、お時間を頂き、有難うございます。

"I am very pleased to be here with you today."

本日は皆さんとお会いでき、大変嬉しく思っています。

"
It is a great honor to be given this opportunity to present here. "

この機会が与えられましたことは最高の喜びです。

導入4:目的と背景説明(英語プレゼンにおける目的の伝え方)

感謝の言葉を述べた後は、プレゼンテーションの目的を伝えます。目的の伝え方は以下の通りです。

"The purpose of my presentation today is to talk about our new project."
本日のプレゼンの目的は、皆様に弊社の新しいプロジェクトについてお伝えすることです。

"
The subject of my presentation is our new project. "

私のプレゼンテーションの主題は、弊社の新しいプロジェクトです。

"
The theme of my presentation is our new project."

私のプレゼンテーションのテーマは、弊社の新しいプロジェクトです。

"Today's main topic is our new project."

本日のメイントピックは、弊社の新しいプロジェクトです。

今日は、~についてお話したいと思います。

英語のプレゼンにおいて、表題とは別に「本日のプレゼンの目的は…」と告げることは、とても大切です。Why? What for? 「なぜ、なんのために?」と常に自問自答している欧米思考ではこの問いにまず答えることが、論理的な話の展開の決め手となります。これがはっきりしないと、聴衆の苛立ちすら生みかねません。目的を明示した後は、アウトラインを示します。

"Today, I would like to talk about our new project."
本日のプレゼンの目的は、皆様に弊社の新しいプロジェクトについてお伝えすることです。

"
We are going to talk about our new project today."

今日は、弊社の新しいプロジェクトについてお話ししたいと思います。

"I would like to speak to you today about our new project."

本日のプレゼンの目的は、皆様に弊社の新しいプロジェクトについてお伝えすることです。

"
The purpose of my presentation today is to talk about our new project."

私のプレゼンテーションの主題は、弊社の新しいプロジェクトについてお話することです。

この"Why?What for?"の形式をプレゼンの間ずっと維持することも重要です。"I'd like to talk today about our new project."と切り出した後は、 situation--problem--solution--reason という論理で話を進めていくようにします。

例:I'd like to talk about our new project. As you know, it is important that we win this business before our competitors get it. However, Company A has recently released a significant new product. We should buy the company to take over the product.

(本日のプレゼンの目的は、弊社の新しいプロジェクトについてお伝えすることです。ご存知の通り、われわれの競合より先に、このプロジェクトを成功させることが大切です。しかしながら、A社は最近、ある重要な新商品を発表しました。われわれはその商品に優位に立つために、その会社を買収すべきです)

太字部分が、このプレゼンのポイントになります。これに対して"Why? How?"と続けます。英語圏の人間ならば、まずは最も重要なポイントを述べ、続けてその主張の正当性を述べるやり方を好みます。

次のページでは、時間の告知と話の概略について触れます。