欧米の受験シーズンを迎え、よく頼まれるのが、英文の推薦状 Letter of Recommendation。客観的、且つ依頼者に有利に働くように書くのは、中々難しいものです。今回は、初めて書く方にも参考になる、基本的な書き方と、作成の際の注意点・ポイントをまとめました。


英文推薦状の種類

一般的には、推薦状ではなくとも、「照会」「問い合わせ」に対する、返信や、社内、社外での人物評価に関するコメントなど、人物の評価と推薦を要求される書類があります。推薦状と同じ内容を含む書類には、下記の種類があります。

・The Letter of Recommendation 推薦状
・The Reference Letter 照会状
・The Letter of Evaluation 評価表

作成前の確認事項

推薦状は、殆どの場合、その人の昇進や、進学、就職や、転職など、キャリア形成に大きく影響を与えるものであることを忘れてはいけません。本人をよく知らない場合に安易に引き受ければ、自分自身の社会的信用をも傷つけることになる場合もあることを考え、慎重に作成することが必要です。

そのために、下記の確認事項で、推薦状を書くかどうかも含め、予め検討することが必要です。

■確認のポイント
  1. 依頼者の応募しているポジションが何かを知っているかどうか。
  2. 依頼者の人となりや、仕事振りを良く知っているかどうか。
  3. 真実と事実に基づいた推薦ができるかどうか。
  4. 具体的な事例をもって、適任の人物であるかどうかを説得できるか。
  5. 依頼者も、推薦状の内容を読めることを知った上で、書けるかどうか。

上記項目の一つでも不確かな場合には、推薦状を書かない方が良い場合があります。必要であれば、口頭で伝えるだけに留めることも大切です。

英文推薦状
英文推薦状は早めに依頼しましょう!

英文推薦状の基本フォーマットと例文

最も一般的な形式をご紹介いたします。すべて左詰で書くのが一般的な形式です。

■基本フォーマット
  1. 日付
  2. 頭語・Dear Mr. XXXX:
  3. 本文
  4. 結語・Sincerely,
  5. 署名

■英文推薦状のサンプル
October 5,2005

Dear Mr. Morgan:

I highly recommend Kyoko Haseyama. She worked as my secretary in the office of the president for five years. During five years, in my view, Ms. Haseyama has all the qualifications required of this responsible position.

Ms. Haseyama posseses fine character traits. She has always pursued her own path, excelled in what she set out to do, and carried through on assigned tasks. I don't believe Ms. Haseyama ever angered a telephone caller, and her skills in dealing with clients and callers in this office were outstanding.

Therefore I have no hesitation in recommending her for this position.
If you need further information, please call.

Sincerely yours,

Jonathan Edwards

■注意事項:
  1. 頭語において、特定の宛名が分からない場合には、"To Whom It May Concern"を使います。
  2. 本文では、できるだけ強い推薦の言葉を先に書きます。次に、可能な限り、具体的な推薦の事由を挙げていきます。
  3. 書き方は、フォーマルですが、ビジネスライクながら、親しみを込めたトーンで書くとよいでしょう。
  4. 正直に記載し、説得力のある内容にします。
  5. 自分が後に証明を求められても可能な事実を書きます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。