ビジネス英会話・初対面の挨拶で使える英語例文

挨拶,英語,ビジネス,自己紹介,ビジネス英語,ビジネス英会話,undefined英語であいさつ,はじめまして,メールで初めて会う人への挨拶,英会話,自己紹介,職場,レセプションで自己紹介,初対面,例,初対面の挨拶

ビジネスでの初対面の挨拶は、第一印象に繋がる重要なファクターです。


ビジネス英会話で最初にマスターすべきは、やはり挨拶。日本語でも初対面は緊張するもの。まして英語でするとなるとどう振る舞ってよいやら、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、今回は、英語で初対面の挨拶をするコツとポイント、そして英語の例文をご紹介いたします。

■英語で挨拶  

まずは相手の目を見て挨拶を!

日本での挨拶は、通例頭を下げるお辞儀のためか、あまり相手の目を見つめることはしないように思われます。しかし、欧米人との挨拶の場合、初対面ならば握手を交わすことから始めます。このとき、必ず相手の目をしっかりと見つめ、軽く笑顔で挨拶することが大切です。見つめ合うことは、欧米でのコミュニケーションの基本です。

目を見ないで挨拶をすると、心にやましいことがあるような、あるいは、信用できない人だ、というマイナスの印象に繋がりますから、くれぐれも注意しましょう(途中で目線を泳がせないことも大切です)。通例、次のような挨拶を交わしながら握手をします。

Mr.A:How do you do ?(はじめまして)
Mr.B:How do you do ?(こちらこそ、はじめまして)

※この例文は、最近はやや堅苦しい表現となってきているようなので、Nice to meet you.というだけでも十分です。また、相手が、How do you do ? といってきたときには、「こちらこそ」の意味を込めて、「you」の部分のイントネーションを高めて返すとニュアンスが伝わります。「How do you do?」「How do you do?」とアクセントをおきましょう。あるいは、それほどフォーマルでなくすでにメールでやり取りなどをしている、肩肘張らない関係ならば、以下の挨拶で十分でしょう。

Mr.A: I'm Kazuhiro Takemura. Pleased to meet you.
(竹村和浩です。よろしくお願いいたします)
Mr.B: Pleased to meet you, too.
(こちらこそ、よろしくお願いいたします)
 

勤務先会社名、役職名・部署名、職種名など、自分がどのような仕事をしているかもきちんと伝えたいものです。役職名・部署名についての記事(あの役職は英語で何?役職名・部署名の英語表記一覧)、職種名についての記事(英語の自己紹介・履歴書に!「職種」を表現する英単語)を参照ください。挨拶の後は、名刺交換をするのが通例です。
 

挨拶の後に交わすスモール・トーク(雑談)

名刺交換の後には、名刺を見ながらの会話が有効です。その後さらに仕事の内容や、人間関係をつくる会話をします。通例は、仕事の様子を聞きます。

Mr.A:How's your business going on?(仕事の方はいかがですか?)
Mr.B:Very busy, but everything's all right, thank you./ The same as usual./ (I) can't complain.
(とても忙しいですが、順調です)/(相変わらずです)/(おかげさまで何とか)
 

歓迎の意を示すスモールトーク

海外からのお客様の場合によく使われる表現には、下記のものがあります。こちらから、お客様をお迎えする場合は、あくまでもこちらが、エスコートし、会話の主導権を持つことが大切です。

Thank you for coming today.
(本日はお越しくださってありがとうございます)

Thank you very much for taking your time to come over.
(わざわざお越しくださり、誠にありがとうございます)

■空港でお迎えする場合の表現
  • How was your flight?
  • Could you have a good flight?

相手のへの気遣いの会話表現をたくさん覚えていると、いざというとき役に立ちます。会話を交わしながらお互いの共通の話題を探す努力が、何よりもよい人間関係をつくる秘訣と言えるかもしれません。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。