観光の団体旅行でも避けられない入国審査の英語

海外旅行に団体ツアーを選んでも、誰もが必ず英語を話さなければならないのが「immigration(入国審査)」。ポンとスタンプを押して終わり、ということも多いのですが、アメリカやイギリスなど、普段日本人観光客の多い国でも意外と細々としたことを聞いてくることがあります。英語初級者でも入国審査をうまく切り抜けるためのコツをお教えします。

入国審査でされる「定番の質問」

入国の際は一般的には「immigration card(入国カード)」への記入が必要です。たいてい機内で配られますが、もらい損ねたら、入国審査の窓口の近くで見つけて記入しておきましょう。

観光,英語,観光英語,観光を英語で,入国審査,英語で観光,英語で,読み方,観光英語で

passportとimmigration card(入国カード)を一緒に出します


列に並んだら、「passport」と「immigration card」を手元に準備します。入国審査の定番の質問といえば、この3つです。

  1. What's the purpose of your visit?:訪問の目的は?
  2. How long are you going to stay?:どれくらい滞在しますか?
  3. Where are you staying in ○○?:○○ではどこに泊まりますか?

とはいえ、入国係官は必ずしもこのセリフを使ってくれるとは限りません。「Are you a student?(学生ですか?)」とか「What brought you here?(ここに来た理由は?)」と聞くこともありますし、人によって早口だったり訛りがあったと、「やっぱり英語がわからない!」と早くも思い知らされる一瞬かもしれません。

海外旅行の入国審査で係官の言うことが聞き取れなかったら……?まず試してみてほしいのは、相手のセリフの中の「キーワード」を聞き取ることです。

■「訪問の目的」を聞きたい場合のキーワード
  • purpose:目的
  • what:何
  • why:なぜ
  • student:学生
  • tourist:観光客

■「滞在期間」を聞きたい場合のキーワード
  • how long:どれくらいの長さ
  • how many days:何日
  • when:いつ
  • leave:出発する

■「滞在先」を聞きたい場合のキーワード
  • where:どこ
  • which hotel:どのホテル
  • address:住所
  • in ○○:(○○に国名・都市名)~で

相手の言うことを全部聞き取ろうとせず、聞き取れた単語から判断し、すかさず自分の答えを繰り出すのです。万一間違って答えても、相手は「この人は英語が苦手?」と気がついて、今度はゆっくりわかりやすく話してくれるはずです。

相手の言うことがわからなかったら?

入国係官は、人によって使う表現や口調、言い方のクセなどが違ったりしますが、その目的は共通しています。入国する人の「滞在目的」「滞在期間」「現地での滞在先」などが分かればいいのです。そこで、相手の質問がよく聞き取れなかった場合も、こんなふうに繰り出して、相手に必要な情報を与えてあげます。

  • I'm a tourist.:私は旅行者です。
  • I'm staying here three days.:3日間滞在します。
  • I'm staying in the Carlton Hotel.:カールトンホテルに滞在します。

ここで大事なことは、きちんと文の形で言うことです。そうすれば、相手の質問とかみ合わなくても、とりあえず何が言いたいかはわかってもらえます。最初の旅行の「目的」のところは、「I'm here for sightseeing.(観光で来ました)」でもいいのですが、「sightseeing」という言葉は「意外に発音が難しい」という問題があります。

「sight」の「t」や「seeing」の「ing」がかなり弱くなり、「サイッシーン」のようにいいます。「t(ト)」や「ing(イング)」の音が強いと、通じる確率は著しく下がります。

また、観光旅行だということを伝えるには「for pleasure(遊びで)」、「on holiday(休暇で)」などいろいろな言い方があるので、係官は必ずしも「sightseeing」という言葉が返ってくることを期待していません。ひとまず「tourist(旅行者)」という言葉を使ったほうが、発音が悪くても理解してもらいやすいようです。

「相手の言うことがわからなかったら、Sorry?(すみませんが)のように聞き返せばいいのでは……」と思うかもしれませんが、クセのある英語だったりすると、繰り返してもらってもさっぱりわからない、ことがあります。相手の言うことがわかってから話すのではなく、とりあえず言うべきことを言ってみることで、意外と話がうまく進んだりするものです。

入国審査で知っておくと便利な表現

普段あまり使うことがなくても、知っておくと入国審査の際に役立つかもしれない表現があります。

  • occupation(職業):硬い言い方で、初級者なら知らなくて当たり前。でも、入国審査のときには、「job(仕事)」ではなく、よくこの語を使います。覚えておくといいでしょう。
  • part-time worker(アルバイト・パートタイマー):「freeter(フリーター)」はご存じの方も多いように和製英語です。「アルバイト」もドイツ語から来ているカタカナ語で、日本のいわゆるアルバイトやパートは「part-time worker」という言葉を使います。

また、注意してほしいのが次の言い方。

What's your address in ○○?

「○○での(住まいの)住所はどこですか」と解釈しないように。入国審査でこう聞かれたら「どこに滞在しますか?」という意味です。旅行者の場合、ホテルの名前を答えればよいのです。

いかがでしたでしょうか?英語を話すことに慣れていない人に一番必要なのは、単語力や聞き取りの力ではなく、「とにかく何かしゃべってみる」度胸なんです!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。