外国人とのデートで使える英語フレーズ

ネットなどを通じて知り合った外国人。どう誘えばスマートに見える?

FacebookやTwitterのおかげか、外国人の知り合いができ、それが恋に発展……なんていうことが、そんなに珍しいことではなくなってきました。相手が日本にいるなら「一度会おう!」ということになるかもしれませんし、相手のいる国に遊びに行くことだってあるかもしれません。

ネット上では短い簡単なやり取りで済んでしまいますが、いざ会うとなると「どうやって約束すれば?」「デート中は何を話せばいい?」など、いろいろ気になることが出てきますよね。ここでは、デートを成功させるための基本的な表現をお教えしましょう。
   

外国人とデートの約束をする時の英語フレーズ

英語で「デートする」はgo out またはgo on a dateなどと言いますが、日本語で「デートしましょう」なんて野暮で言わないのと同様、初めての相手にCan we go out?(デートしようか)では、ちょっと直接的すぎる感じ。例えば、こんなふうに切り出すとスマートです。

Do you have plans for this weekend?
(今週末予定ある?)

I have two tickets for the new "Batman." Do you want to come?
(『バットマン』の新作チケットが2枚あるんだけど、来る?)

インターネット上で知り合って気が合った相手であれば、もうちょっと直接的に、こんなふうに切り出してもいいですね。

Why don't we meet?
(会おうか?)

Can I see you sometime?
(いつか会えないかな?)

OKの場合、例えばこんな答えが返ってくるかもしれません。

Sounds great!
(それはいいね)

Yeah, why not?
(うん、いいよ)

一方、あいにくまだ一緒に出かける気分ではないというときに、No, I don't want to. なんていうと、いくらなんでもキツすぎます。英語でも次のような、ちょっとぼかした言い方をします。

I have other plans.
(ほかの予定があるの)

I don't know yet.
(まだわからない)

それでは、やんわりと断りたいときの「また今度ね」にあたるのは、次のうちのどれでしょうか。

1) Some other time.
2) Maybe this time.
3) See you again.

 

外国人とのデート、断られた時のリアクションは英語でなんという?

英語でデートを成功させるには、どうしたらいいのでしょうか。前ページで誘い方とその受け方・断り方を見てきましたが、「また今度ね」と言いたいのであれば、この表現を使います。

Some other time.
(また今度ね/別の機会にね)

なお、this timeは普通「今回は、今度こそ」といった意味で使われ、Maybe this time.は「たぶん今度こそ(できる)」、See you again.は「また会いましょう」です。

断られたけれど次の機会をうかがおうというときは、こんなふうに言っておくといいですね。

OK. I'll call you. / I'll e-mail you.
(わかった。電話するね/メール送るね)
 

外国人とデートする時、「〇〇とデートする」の英語での言い方は?

デートが決まったら、FacebookやTwitterで共通の知人にひとこと報告してあげてもいいかもしれません。例えば、こんな言い方があります。

I'm going on a date with Tom!
(トムとデートするの!)

「デートする」はhave a date とも言うので、I'm having a date with Tom.でも大丈夫。また、「デートに誘う」はask ~ outと言うので、友人にこんなふうに相談してもいいかもしれません。

Tom asked me out. What do you think?
(トムにデートに誘われたの。どう思う?)

「OKしなよ!」ならSay yes!、「やめたほうが…」とやんわり言いたいのであればI don't think it's a good idea.といった答えが返ってくるかもしれません。
 

外国人とのデート中に使える英会話フレーズ

さて、無事デートにこぎつけたとして、いざ、待ち合わせの日。日本では「待った?」「全然!」なんて言いますが、英語では軽くHi.とだけ言うのが一般的。そして、こんなふうに続けます。

Let's get going.
(行こうか)

I know a good cafe.
(いいカフェを知ってるんだ)

「おかませします」というときは、こう言っておくといいですね。

It's up to you.
(あなた/君次第です)

食事やお茶の支払いは、海外でもやはり男性が払ってしまうことが多いようですが、割り勘にしたいときはこう言います。

Let's split the bill.
(勘定を分けましょう)

または、たまには女性からThis is on me. (これは私がもちます)と言ってもいいですね。

さて、日本でも外国でも、最初のデートがうまくいったときは次にどうつなげるかが肝心。I had a great time with you.(一緒にいて楽しかった)、I enjoyed the dinner.(楽しい夕食だった)のように感想を伝え、最後にまた会う約束を取りつけるにはどうすればいいでしょうか。次の中からピッタリの表現を選んでみましょう。

1) I hope I can see you again.
2) When is the next time?
3) See you later.

 

外国人とのデート、このセリフで次につなげよう!

海外での英語研修が出会いの場になることも

海外での英語研修が出会いの場になることも

外国人とのデートを楽しむための表現を見てきました。いよいよ別れ際、「また会いたいな」という気持ちを表すには、どんな言い方が適切でしょうか。オススメはやはりコレです!

When is the next time?
(次はいつ?)

I hope I can see you again.だと「また会えるといいな」で、「会いたい」という強い気持ちが伝わってきません。会えるかどうか尋ねるのではなく、あえて「次はいつ?」と聞くことで、自分の気持ちを明らかにすることができます。ちなみに、See you later.は「後で会いましょう」と言っているだけで、会う約束をしたい、と伝えていることになりません。

うまく気持ちが通じればいいのですが、あいにくまた会いたいかどうかわからないな、というときはこんな答えが返ってくるかもしれません。

I'm not sure.
(わからない)

I don't know.(わからない)やI'll think about it.(考えてみる)もありえます。いずれにせよ、英語でもI don't want to see you.(会いたくない)なんて、はっきり言ったりすることはないようです。
 

外国人とのデートで相手を退屈させないコツは、質問&ほめること

それでは最後に、デートの最中に相手を退屈させないための、会話のコツをいくつかお教えしておきます。英語に自信がないと、たいていの人は自分のことを話そうとするかもしれませんが、それでは逆効果。次のような質問をして会話の主導権を握りつつ、相手に話をさせるようにします。

Where is your hometown?
(故郷はどこ?)

What do you usually do in your spare time?
(ヒマなときはいつも何してる?)

What kind of music do you like?
(どんな音楽が好き?)

自分から切り出すので話の内容が予測しやすく、また相手の話を一生懸命聞いてあげることで、「自分に関心を持ってくれている!」と思ってもらうことができます。ときどき、Amazing.(すごいね)、Sounds great.(それはいいね)などとあいづちを打ってあげましょう。英語には相手をほめるための言葉がたくさんあり、どんなにほめてもほめすぎということはありません!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。