空港で聞き逃してはいけない英語は?

飛行機に乗る際に必要な英語

飛行機に乗る際に必要な英語


飛行機に乗るとき、空港の掲示板やアナウンスで見たり聞いたりする言葉ってありますよね。よく意味のわからないままやり過ごしていることも多いかもしれませんが、「ひょっとして大事な意味だったらどうしよう?!」と、不安になっていたりしませんか?
空港に着いたらまず掲示板をチェック

空港に着いたらまず掲示板をチェック


ここでは、空港で接する機会の多い言葉を集めました。今度の旅行に備えて、しっかり意味をチェックしておきましょう。

まず、空港には、フライトナンバーや行き先、出発時間などが書かれた掲示板がありますよね。チェックインカウンターで搭乗券をもらったあとも、念のためここでゲートナンバーをチェックしておきたいところです。さらに必要なのが、remarks(注意事項)と書かれた欄。例えば、こんな表示があります。

delayed(遅延)
on time(定刻通り)

delayedの後にはたいていestimated departure time(予定出発時刻)があるので、必ず確認しておきましょう。この予定出発時刻、あとから変わることもあるので、いったん見たからといって安心せず、その後も度々チェックしてみるようにしてください。

また、飛行機に乗れる状態になっているかどうかも、このremarks欄でわかります。

clearance(清掃中)
boarding(搭乗受付中)
last call(最終搭乗案内中)

clearanceと出たら「そろそろ乗れるかな」と思っていいでしょう。boardingと出たら、まだ買い物を続けたくても、とにかくさっさとゲートに向かってください。国際線だと通常30分くらい前から搭乗が始まりますが、航空会社や便によっては、早めになることもあります。

last callは搭乗締切り間近ということ。実際に搭乗を締め切ってしまうとgate closedと出ます。空港によっては買い物エリアからゲートまで非常に離れていることがあるので、自分が乗るゲートの位置を確かめてから買い物に向かうといいでしょう。

アナウンスでは、これらの表現のほか、"Passengers for flight XXX, please proceed to gate 12."(×××便にご搭乗のお客様は12番ゲートへお進みください)のように便名で案内をします。自分の乗る飛行機の便名が聞こえたら、近くの掲示板で状況を確認するようにしましょう。
 

飛行機に持って入ってはいけないものは?

regulations
液体の持ち込み制限についての説明
空港でよく見たり聞いたりする言葉、意味がわからずそのままにしていることって多いですよね。安心して飛行機に乗るために、ここでは、決まりや制限に関する表現を紹介しておきましょう。

まず、荷物を預けるときですが、空港では荷物は皆luggage(またはbaggage)と呼び、預けるものとそうでないものは、次のように言って区別します。

checked luggage / check in luggagez(預け入れ荷物)
carry on luggage / hand luggage(機内持ち込み手荷物)

「荷物に関する規則」はluggage regulation、「重量制限」はweight limit、「サイズ制限」はsize limitです。「超過する」はexceedといい、重さやサイズが超過すると、excess fee(超過料金)を払うことになります。

テロ対策で、飛行機の機内にペットボトルなどのliquid(液体)を持ち込んではいけないことは、皆さんすでにご存じかと思います。持っていっていいのは、1本につき100ミリリットル以下、20センチ角程度のtransparent(透明な)袋に入れて、sealed(封をして)おくこと。exception(例外)は、赤ん坊のミルクに使うお湯やsubscription(処方箋)がある薬などですね。また、immigration(入国審査)を通過した後、duty freeで買ったお酒や香水も、このexceptionに入ります。

ちなみに、take-off(離陸)とlanding(着陸)のときはelectronic device(電子機器)を使ってはいけないことになっていますが、では、次のうちどれが該当するでしょうか。
cellular phone(携帯電話)
PC(パソコン)
game machine(ゲーム機)
digital camera(デジタルカメラ)
i-Pod
calculator(計算機)
答えは全部です! 携帯電話などは、使ってはいけないだけでなく、switch off(電源を切る)必要があります。

何だかやってはいけないことばかりのようですが、違反していれば係の人が注意してくれますし、一度言われると覚えるようになるものです。ひとまずこういう決まりがあることだけでも、しっかり心にとどめておいてください!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。