荷物が出てこないときに使う英語表現とは?

 
荷物が出てこないときに使える英語表現

荷物が出てこないときに使える英語表現

 
 
 
飛行機を降りてimmigration(入国審査)を過ぎると、baggage claim(手荷物引取所)に進みます。荷物が出てくる「ターンテーブル」ですが、英語ではcarousel(カルーサル)という言葉を使います。ちなみに「荷物」はbaggageでもluggageでもOK。まずは掲示板を見て自分のflight number(便名)とcarousel number(ターンテーブルの番号)を確認し、cart(カート)を押して荷物を待ちます。

全部の荷物が出てくるまで、場合によっては30分くらいかかることもあるので、ひとまず忍耐が必要です。でも、いよいよ最後まで待って荷物が出てこなかったときは、近くにいる航空会社の係員か、baggage claim counterでこのように言いましょう。

My baggage didn't come out.
(マイラギヂディドゥンカマウト/私の荷物が出てきませんでした)

このとき、baggage claim tag(バギヂクレイムタグ/手荷物預り証)を見せるのを忘れないようにしてください。これは、出発空港で荷物をチェックインするときにくれる半券で、最近はEチケット控えの紙に貼ってくれたりします。

いよいよ出てこないとなったら、PIR(Property Irregularity Report)を書くことになります。propertyは「所有物」、irregularityは「異常性」で、「所有物に異常があったことの報告」となりますが、要するに「手荷物紛失報告書」といった意味合いです。これには例えば、こんなことを記入する必要があります。

Place where bag was last seen(荷物を最後に見た場所)
Destination on baggage claim tag(手荷物預り証にある目的地)
Material of bag (荷物の材質)
Marking/Hotel stickers on the bag (バッグについているマークやホテルのステッカーなど)
Contents (内容品)

材質を表現する言葉には、leather(皮)、nylon(ナイロン)、metal(金属)などがあります。日本語でいう「ビニール」は英語ではplasticと表現するので、要注意です。

荷物が出てくるまでの対処法は? 保険会社にも連絡を

 
ロスト・バゲッジは荷物の取り間違いも多いようです

ロスト・バゲッジは荷物の取り間違いも多いようです



荷物は見つかったら滞在先のホテルに届けてもらうことができますが、その間に必要な洗面道具などの日用品は、航空会社から渡されることもあれば、自分で買って後から費用を請求するよう言われることもあります。念のため、その場でこんなことを確認しておきましょう。

How long will it take to receive my baggage?
(ハウロンウィルィテイクトゥリシーヴマイバギヂ/私の荷物を受け取るまでに、どれくらいかかりますか?)

What do I do about toiletries and clothes?
(ワドゥアイドルアバウトイレトリーズァンクロウズ/洗面用具や着替えはどうすればいいですか)

If I buy that, can I send you the bills later?
(イファイバイザト、キャナイセンドューザビルズレイタ/買ったら、後で請求書を送っていいですか)

当面必要なものを買うお金は、海外旅行保険の中に含まれていることもあるので、ロストバゲッジが発生したらすぐ、保険の内容を確認し、保険会社に連絡しましょう。保険会社への請求を行う際は、航空会社からlost baggage report(手荷物紛失証明書)をもらう必要があります。

航空会社などの調査によると、荷物がまったく出てこないことはまれで、多くは持ち主の元に返ってくるそうなので(つまり、単なる積み間違いが多いのですね)、あせらず到着を待つことにしましょう!
 

関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。