海外のホテルではコミュニケーションをとることが良いとされる

ホテルにチェックインする時の英会話

ホテルにチェックインする時の英会話

日本のホテルでは、お客様にはあまり干渉しないのが慣習になっているようですが、海外は「今日はごきげんいかがですか?」「ご用はございませんか?」「どうかよい1日を」といったように、できるだけ声をかけるのがよいサービスとされています。客としてスマートに振る舞い、ホテルのサービスを最大限に活用するための英語をお教えします。
   

ホテルの入り口での英会話例

到着したばかりのときは、door personが荷物をチェックしてくれます。客にいろいろ尋ねるのは、「私はあなたのことをきちんと理解しようとしています」という姿勢のあらわれです

到着したばかりのときは、door personが荷物をチェックしてくれます。客にいろいろ尋ねるのは、「私はあなたのことをきちんと理解しようとしています」という姿勢のあらわれです

大きなホテルでは、入口にドアを開けてくれるスタッフがいます。このdoor personの前を、何気なくスーッと通りすぎてしまいそうになるかもしれませんが、それでは感じのいい客とは言えません。

Good morning, madam/sir?
(グモーニンマダム/サー/おはようございます。お客様)

Good morning. (ドアを開けてもらって)Thank you. "
(グモーニン。サンキュー/おはよう。ありがとう)

こんなふうに一言あいさつを交わします。また、荷物を運ぶ専門の係porter(ポーター)がいるときは、door personがこんなふうに案内してくれます。

How many luggage do you have?
(ハウメニラギヂドゥユハヴ/お荷物はいくつですか)

Two suitcases and one carrier bag?
(トゥースートケイスィズァンワンキャリアバグ/スーツケース2つと手提げ袋1つですね)

I'll have a porter send your luggage to your room.
(アイルハヴァポーターセンドュアラギヂトゥユアルーム/ポーターが荷物をお部屋に運びます)

無言でうなずくだけでなく、Thank you.(ありがとう)、That's great.(それはいいね)のように、ひとこと返してあげましょう。
 

フロントでのチェックイン時に使う英語フレーズ

部屋に入ったらまず設備をチェック

部屋に入ったらまず設備をチェック

「フロント」は英語ではfront deskまたはreceptionと言い、フロント係はfront desk clerkまたはreceptionistとなります。大きなホテルほど役割分担がはっきりしていて、同じようにフロント周辺にいても、concierge(コンシェルジュ)やcashier(キャシアー/会計係)は、チェックイン業務は行いません。常にfront desk clerkが受け持つことになります。

さて、front deskで"I'd like to check in."(チェックインしたいんですが)と言うと、front desk clerkは例えばこんな風に答えます。

Certainly, madam/sir.
(サートゥンリ、マダム/サー/かしこまりました)

Welcome to our hotel.
(ウェルカムトゥアウアホテル/当ホテルへようこそ)

May I have your name, please?
(メイアイハヴュアネイムプリーズ/お名前をお願いします)

サービス業の人は、決してWhat's your name?とは言いません。これだと「名前は何?」と聞いているだけで、「教えてください」とお願いする部分がないのです。May I have ...?は「……をいただけますか」と丁寧に言いたいときに便利なので、ぜひ覚えておくといいでしょう。

Could you spell your name, please?
(クドュースペルュアネイムプリーズ/お名前のスペルを教えていただけませんか?)

Your reservation is two nights from today, departing February 10?
(ユアリザヴェイシャンィズトゥーナイツフラムトゥデイ、ディパーティンフェブルアリテンス/ご予約は本日より2晩、2月10日ご出発ですね)

Two people for a twin room, with ocean view?
(トゥピープルフォラトゥインルーム、ウィズォウシャンヴュー/ツイン2名様、オーシャンヴューのお部屋ですね)

Your room is 1203 on the 12th floor, take that elevator over there. 
(ユアルーミズトゥエルヴズィロスリーオンザトウェルフスフロア、テイクザトエレヴェイタォウヴァーゼア/お部屋は12階の1203号室、あちらのエレベーターをご利用ください)

これだけのことをいっぺんにバーッと言われたら、全部聞き取るのはまず無理。Two nights, OK, twin room, yes ... というように、聞き取れたところだけ少しずつ聞き返して、確認するようにしましょう。

部屋に案内してくれるのはbell person。bell personは、部屋でライトのつけ方、エアコンの調整の仕方、内線電話の使い方などいろいろと説明してくれますが、たいてい一気に早口で言うので、とても聞き取れるようなものではありません。とりあえずその場ではOK..と言っておいて、後から自分でじっくりチェックしてみるといいでしょう。
 

チップを渡すときの英語表現

チップを渡すときはThis is for you.(これをあなたに)とかHere you are.(はい、どうぞ)などという決まり文句もありますが、向こうは慣れているはずですから、Thank you.と手短に言って渡してしまってかまいません。

外国でちょっといいホテルに泊まるときは、ぜひこれらの表現を覚えていって、ホテルのスタッフと上手にコミュニケーションを取れるようにしてください。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。