美しすぎる水菓子


・水物
水物。
黒胡麻のブランマンジェはもちろん、桃も特筆物の甘美感。
水物は「桃」「黒胡麻のブランマンジェ」「国産ブルーベリー」「西瓜」に、ブランデーのジュレをかけたものが登場。どれも秀逸の味わいでしたが、特に黒胡麻ブランマンジェは器を動かす度に、たゆんたゆんと揺れ動き、この滑らかで弾力のあるふるふる感が何とも絶妙な仕上がりなのです。やはり、ブランマンジェは味わいも大事ですが、この食感の見極めがポイント! 後述する水菓子も同じく、ご主人の手作り菓子はホント天才的に素晴らしいですね。和食のお店で、ここまで和菓子のクオリティが高い店は他に知りません。


・水菓子
水菓子。
もはや、芸術品の域。
そして、水菓子その2です。先述した黒胡麻プリンも傑作でしたが、それ以上に感激したのが、この黒豆の寒天仕立て。口に入れた瞬間に、濃厚な黒豆の香りが鼻腔に拡がりながら、舌の上でスーっと心地良く溶け消えてゆく感覚は、今までに食べたことのない新食感なのです。

そして、中には艶やかな金箔もあしらってあり、この色合いの美しい対比も見事! 和食は食べる芸術だと思っていますが、これはまさに芸術作品そのもの。味わいも見た目も美麗で、私が今までに食べてきた水菓子の中でも、間違いなくナンバー1の逸品となりました。これは是非ともまた食べてみたいですね。

次ページでは、コースの〆を御紹介します