桜の基礎知識

山桜は花と葉がいっしょに開きます
お花見は、いにしえから続く春のレジャー。桜の基礎知識を仕入れて、もっと楽しんでみませんか。

桜は約10種類の原種をもとに、それらの交配種で100種以上が野生化し(このような野生種、自生種を「山桜」といいます)、さらに人の手で栽培されたものが300種以上もあります(このような栽培品種、園芸品種を「里桜」といいます)。また、「八重桜」は里桜の八重咲きの品種の総称です。

<代表的な桜>
●山桜(ヤマザクラ) 
花と葉が同時に開く。古くから山に自生しており、昔のお花見は山桜だった。吉野山(奈良県)の山桜が有名。

●大山桜(オオヤマザクラ)
花と葉が同時に開く。花が大きく紅紫色なので、紅山桜とも呼ばれる。また、寒さに強く北海道に多いので、蝦夷山桜ともいう。


●大島桜(オオシマザクラ)
大島桜は染井吉野のお母さん

花と葉が同時に開く。伊豆地方に自生しており、花が大きく香りもよい。丈夫で成長が早いので、染井吉野など多くの里桜の母種になっている。桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたもの。 

●霞桜(カスミザクラ)
花と葉が同時に開く。白っぽい色をしているので霞がかかったようだとその名がついた。


●江戸彼岸桜 (エドヒガンザクラ)
巨木や名木の多くが江戸彼岸桜。こちらが「三春 滝桜」です

花が咲いた後、葉が出る。お彼岸の頃に開花するのでその名がつき、枝が長く垂れる「枝垂れ桜」は江戸彼岸桜の園芸品種。とても丈夫で長寿なので各地に巨木や名木があり、日本三大桜も江戸彼岸桜の系統。

【日本三大桜】 ※いずれも国の天然記念物
・山高 神代桜(やまたか じんだいざくら)
……山梨県北巨摩郡武川村。樹齢2000年以上。
・根尾谷 淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)
……岐阜県本巣市。樹齢1500年以上。
・三春 滝桜(みはる たきざくら)
……福島県田村郡三春町。樹齢1000年以上。


●豆桜(マメザクラ)
花が咲いた後、葉が出る。花が小さく、挿し木でも育つので盆栽としても人気。

●緋寒桜(ヒカンザクラ)
緋寒桜は早春から咲き出します

花が咲いた後、葉が出る。早春の寒い頃から開花し、濃いピンク色をしている。釣鐘のように垂れ下がって咲き、花びらがくっついたまま落花する。彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違えやすいため、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれることも多い。

●河津桜(カワヅザクラ)
早咲きの河津桜はメディアによく登場します。

花が咲いた後、葉が出る。大島桜と緋寒桜の自然交配種で、静岡県河津町で発見されたことに由来。1月下旬から咲き出し、およそ1か月咲いているため、話題になることが多い。
次に、染井吉野(ソメイヨシノ)のプロフィールを紹介します。