お月見と月の名前……たくさんある洒落た呼び名・呼び方

月の名前・呼び方は洒落ています

月の名前・呼び名・呼び方はとても洒落ています

空が澄み、お月見に最適な時季、中秋の名月・十五夜はひときわ美しく、十五夜(旧暦8月15日)、十三夜(旧暦9月13日)、十日夜(旧暦10月10日)は収穫を祝う大切な行事。秋ならではの特別なお月見です。

しかし、そればかりがお月見ではありません。人はさまざまな表情をみせる月に魅せられ、月に名前をつけてきました。その名前が秀逸で、出てくる月の気持ちになったり、待ちくたびれる人の気持ちになったり、とても洒落ているのです。月の名前を知ると、月を見る眼が変わりますよ。

さて、今宵の月はどんなふうに見えますか?
月の名前には時刻の推移による呼び方もあります。この写真の月は何と呼びましょう?

月の名前には時刻の推移による呼び方もあります。この写真の月は何と呼びましょう?
記事の最後を参考に


【INDEX】
 
 
    

満ち欠けによる月の名前・呼び名・呼び方

「十三夜」の晩に飛びたつ飛行機…

「十三夜」の晩に飛びたつ飛行機……

現代の暦は太陽の動きにもとづいていますが、それまでは月の満ち欠けによる暦でした。月を目安に時を知り、月明りを頼りに暮らすなど、月は生活の礎だったのです。月の満ち欠けによる名前には、その想いが色濃くあらわれています。

例えば……月齢15日目の十五夜(満月)は、日没とともに東の空に昇り、明け方には西の空に沈みますが、これ以降は月の出がおよそ50分ずつ遅くなっていきます。16日目は、月が出てくるのをいざよう(ためらっている)ようだとして、「十六夜」と書いて「いざよい」と読みます。

17日目は、さらに遅いので、まだかまだかと立って待つ「立待月」
18日目は、待ちくたびれて座ってしまうので「居待月」
19日目は、もう床に入って待つから「寝待月」
20日目は、夜も更ける頃なので「更待月」
そして、26日目には夜明け(有明)の空に昇るから「有明月」
※「有明月」は16日目以降の月の総称でもあります。

このほかにも、さまざまな名前がついています。
 

主な月齢と月の名前・呼び名・呼び方

1日目
新月、朔(さく)
2日目
二日月
3日目
三日月、眉月
 
7日目
上弦の月、弓張り月、
半月
13日目
十三夜
14日目
小望月(こもちづき)
 
15日目
十五夜、満月、望月
16日目
十六夜(いざよい)
17日目
立待月(たちまちづき)
 
18日目
居待月(いまちづき)
19日目
寝待月(ねまちづき)、
臥待月(ふしまちづき)
20日目
更待月(ふけまちづき)
 
23日目
二十三夜、下弦の月、
下の弓張り
26日目
下弦後の三日月、
有明の月
30日目
三十日月(みそかづき)

※月齢・月の形・月の名前は常に一致するわけではなく、多少前後することもあります。
 

季節をあらわす月の名前・呼び名

季節や風情をあらわす月の名前・呼び名・呼び方について、たくさんある中からいくつかご紹介します。
  • 春月(しゅんげつ):春の月
  • 夏月(かげつ):夏の月
  • 秋月(しゅうげつ):秋の月
  • 冬月(とうげつ):冬の月
  • 朧月(おぼろづき):かすかに霞んだ月。春の季語
  • 寒月(かんげつ):冷たく冴えてみえる月。冬の季語
夜桜を照らす「朧月」

夜桜を照らす「朧月」

 
 
 

気象・天候をあらわす月の名前・呼び方

  • 雨月(うげつ):雨の夜の月。十五夜が雨で見えないときもいう。
  • 無月(むげつ):十五夜が曇りで見えないとき。
  • 薄月(うすづき):薄雲のかかった月。
薄雲がかかった「薄月」

薄雲がかかった「薄月」

 
 
 

月の見え方による呼び名・名前

  • 孤月(こげつ):寂しげにみえる月。
  • 淡月(たんげつ):光の淡い月。
  • 青月(せいげつ):青く輝く月。
  • 明月(めいげつ)、朗月(ろうげつ)、皓月(こうげつ)、素月(そげつ):清く澄んだ月。
青々と輝く「青月」

青々と輝く「青月」

 
 
 
 

時間の推移による月の名前・呼び方

  • 夕月(ゆうづき):夕方にみえる月。
  • 黄昏月(たそがれづき):黄昏時の月。
  • 残月(ざんげつ)、有明の月、朝行く月:夜明けにまだ残っている月。
黄昏時の「黄昏月」

黄昏時の「黄昏月」


風情をあらわす月の名前は、ひとつの正解があるわけではありませんから、感性を大切にしてOK。ちなみに、記事上段の画像は明け方の月なので、「残月」や「有明の月」などが当てはまります。

【関連記事】
心豊かにお月見をする方法  十五夜の過ごし方
月見だんごの供え方(並べ方)
5分で思い込みを解消  十五夜クイズ
これでバッチリ!十五夜の楽しみ方
月の模様 月うさぎが海を越えたら…
十五夜、十三夜、十日夜の3月見とは?
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。