月見団子は幾つ供えるの?

関西で月見団子といえばこちら。里芋に見たてた形、餡は月にかかった雲やきぬかつぎの皮を表しているそうです。
穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが月見団子のはじまりです。月に見たてて丸い団子ですが、地域に根ざした様々な月見団子もあります

供える数には2つの説があります。
【満月の数⇒12個】 
その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年は13個となります。
【十五夜⇒15個】 
十五夜だから15個(十三夜には13個)。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個となります。
・詳しくは→月見団子の供え方・並べ方

昔は月の満ち欠けによって暦が作られ、農作業も進められていましたから、満月の数や、新月から何日目の月か(○○夜)ということは大きな意味があり、それが団子の数になったのです。

月見団子はちょっと…という方は、月に見たてて丸いどら焼き、月うさぎに見たてたお饅頭、中国のお月見に欠かせない月餅などもお月見ムードを盛り上げてくれるでしょう。


お団子のほかに何を供えるの?

「芋名月」の由来となった里芋。では、「豆名月」って何?⇒答えはこちら
十五夜は別名「芋名月(いもめいげつ)」といい、里芋などの芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

また、この時期とれた野菜や果物も盛るといいでしょう。葡萄などのツルものは、月と人との繋がりが強くなるという縁起のいいお供えものです。

どれも旬の食材ばかりですから、おいしく頂く前にお供えしてみてはいかがでしょう。しばらくお供えしたら食べてOK。供えたものを下げて頂くことで、神様との結びつきが強くなると考えられています。


なぜ十五夜にススキを飾るの?

ススキは秋の七草のひとつ。秋の七草は「ハスキーなおふくろ」と覚えましょう。
ススキは神様の依り代と考えられており、稲穂が実る前なので、稲穂に見立てたススキが選ばれたといわれています。また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされ、お月見のあと軒先に吊るしておく風習もみられます。

さらに、秋の七草や秋桜など、季節の草花で彩りましょう。この時期はお月見用の切り花セットも売っていますし、お庭に咲いている野草もフル活用して楽しみましょう。


では、こうしたお供えものをどこに飾ればいいのでしょうか?ベストポジションはこちらです  >>>