文月(ふみづき/ふづき) 7月

「文月」に何を書くのかと思ったら、七夕の短冊だったんですね!七夕に関する豆知識はこちらです。
短冊に歌や字を書く七夕の行事から「文披月(ふみひろげづき)」、稲穂が膨らむ月ということで「ふくみ月」、これらが転じて「文月」になったといわれています。

別称……七夕月(たなばたづき)/愛逢月(めであいづき)/蘭月(らんげつ)/女郎花月(おみなえしづき)/涼月(りょうげつ)/壮月(そうげつ)


葉月(はづき) 8月

「葉月」が落ち葉をイメージしているなんて…びっくり!
葉の落ちる月「葉落月(はおちづき)」が転じて「葉月」。現代感覚では葉が生い茂る様子を思い浮かべますが、旧暦では7月から秋となるため、秋真っ盛りだったのです。また、初めて雁が飛来するので「初来月(はつきづき)」、稲の穂が張るので「穂張月(ほはりづき)」が略されたという説もあります。

別称……秋風月(あきかぜつき)/木染月(こそめづき)/燕去月(つばめさりづき)/雁来月(かりきづき)/月見月(つきみづき)/観月(かんげつ)


長月(ながつき) 9月

秋の夜長を意味する「夜長月(よながづき)」の略で「長月」になりました。また、秋の長雨による「長雨月(ながめづき)」、稲穂が実る「穂長月(ほながづき)」の略だという説もあります。

別称……紅葉月(もみじつき)/稲刈月(いねかりつき)/菊月(きくづき)/玄月(げんげつ)/色取月(いろとりづき)/寝覚月(ねざめづき)


神無月(かんなづき/かみなしづき) 10月

神々が出雲の国に行ってしまい留守になるという意の「神なき月」が転訛して「神無月」になりました。出雲行きは年に1度の大事な出張。その様子はこちらです⇒■10月いっぱい、神様は縁結び会議に出張中
また、神の月という意味の「神な月」、新嘗祭の準備をする「神嘗月(かんなめづき)」などを語源とする説もあります。

別称……神在月(かみありづき)/雷無月(かみなかりづき)/時雨月(しぐれづき)/鎮祭月(ちんさいげつ)/小春(こはる)


霜月(しもつき) 11月

旧暦と新暦の差のみならず、地球温暖化で11月に霜が降りる地域も少なくなりました。
文字通り霜が降る月という意の「霜降月(しもふりつき)」の略で「霜月」となりました。

別称……露隠月(つゆこもりづき)/雪街月(ゆきまちづき)/神楽月(かぐらづき)/神帰月(かみきづき)/復月(ふくげつ)

師走(しわす) 12月

12月は僧(師)を迎えてお経を読んでもらう月でした。師が馳せる月という意の「師馳す」が転訛し、走るという字があてられるようになりました。また、「年果つ」「歳極(としはつ)」「成し果つ」などが転訛したという説もあります。

別称……暮古月(くれこげつ)/春待月(はるまちづき)/極月(ごくげつ)/除月(じょげつ)/暮歳(ぼざい)

<関連記事>
意外と知らない「二十四節気」のいろは
幸せを呼ぶ~四季彩手帳術

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。