十五夜ばかりがお月見ではなく、十三夜、十日夜もあります

十三夜(13夜)・十日夜というお月見行事が十五夜以外にもある

十五夜以外にも、十三夜、十日夜というお月見行事があります

お月見といえば十五夜が定番ですが、他にも十三夜、十日夜(とおかんや)というお月見行事があるのをご存知でしょうか。十三夜は聞いた事があるけど、十日夜は知らないという方も多いと思いますが、昔からこの3日間が晴れると良いことがあるとされています。

【INDEX】  

十五夜(芋名月)とは、どんなお月見?

十五夜にはこの頃収穫した農作物を供えます。その代表が里芋なので「芋名月」と呼ぶのです

十五夜にはこの頃収穫した農作物を供えます。その代表が里芋なので「芋名月」と呼ぶのです

すっかりお馴染みの十五夜ですが、勘違いしやすい次の3つをクイズ形式でご紹介しました。まずは復習してみましょう。
  • 十五夜っていつ? 
  • 十五夜って満月? 
  • チュウシュウノメイゲツを漢字で書くと? 
⇒答えはこちらです

また、十五夜には里芋などのイモ類を供えることから、別名「芋名月」といいます。十五夜について詳しくは下記記事でも解説しています。  

十三夜(栗名月・芋名月)とは? 片見月って?お供えや食べ物

十三夜(13夜)は、別名「栗名月」「豆名月」

十三夜は無事収穫した栗や豆を供えるので、別名「栗名月」「豆名月」といいます

十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことで、旧暦8月15日の十五夜の後に巡ってくる十三夜をさします。そのため、旧暦を新暦になおして10月13日とするのではなく、その年によって日付が変化します。

十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、中秋の名月(十五夜)から約1カ月後に巡ってくる十三夜のお月見を昔から大切にしていました。十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」「片月見」と呼び、縁起が悪いこととされています。

また、十三夜は栗や豆の収穫祝いでもあるため、別名「栗名月」「豆名月」といい、月見団子とともに栗や豆を供えて食べる風習があります。

 

十日夜(とおかんや)とは、どんなお月見?

案山子(かかし)は田の神様。案山子にお供えものをしてお月見をしてもらうのは、十日夜に天に帰るからという言い伝えもあるそうです

案山子(かかし)は田の神様。案山子にお供えものをしてお月見をしてもらうのは、十日夜に天に帰るからという言い伝えもあるそうです

十日夜(とおかんや)とは、旧暦10月10日に行われる収穫祭で、東日本を中心に行われています(西日本では旧暦10月亥の子の日や11月に、類似する収穫の行事を行います)。

その内容は地方によってさまざまですが、稲の刈り取りが終わって田の神様が山に帰る日とされているため、稲の収穫を祝ってお餅をついて食べたり、稲の茎をたばねた「わらづと」や「わら鉄砲」で地面を叩きながら唱えごとをして地面の神を励まし、作物にいたずらをするモグラを追い払います。

また、「かかしあげ」といって田んぼを見守ってくれたかかしにお団子(またはお餅)や収穫物をお供えし、かかしにお月見をさせてあげたり、かかしと一緒にお月見をする地方もあります。

十日夜はお月見がメインではないため、月齢に関係なく新暦の11月10日に祭りを実施する地方が多いようですが、昔から十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見ができると縁起が良いとされています。

さて、皆さんは何回お月見をなさいますか?

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。