パターの形状と方向性との関連

視覚的な打ちやすさを追求したオデッセイ「ホワイトホットXG マークスマン」。ボールに線を入れるゴルファーと相性good!
距離感と同様に重要な方向性に関してもパターの役割は大きいものです。

大型のマレット型パターなど慣性モーメントの大きいパターは、ボールが前へ行こうとする力が強く、方向性の良いパターといえます。また、2ボールパターや「マークスマン」のように、よりラインをイメージしてアライメントしやすいようにデザインを工夫して、方向性を高めているものもあります。前述のように距離感を出す上でも好ましい特性があることもあり、現在、プロを含む多くのゴルファーに愛用されているのもうなづけます。

すぐれた点の多い大型マレット型パターの弱点は、どちらかと言えば鈍感で、フィーリングが出しにくい点ではないかと思います。小ぶりのヘッドのパターやL字型などのパターを愛用するパターには、大型のパターは重く扱いづらい感じがあるかもしれません。

ヘッドの大きさに関わらず、ネックの形状も方向性に影響を及ぼします。シャフトの延長線上よりパターのフェース面が後ろにあるネック形状をオフセットがあると表現します。オフセットのあるパターで、ボール位置を左目に置くと左に引っ掛けやすくなります。逆に、オフセットのないパターでボール位置がスタンスの真ん中あたりだと、右に押し出してしまいがちです。

恐らく、多くのゴルファーが、左右のどちらかにより多く外してしまう傾向があると思います。自分のミスの傾向を抑制するようなネック形状を選ぶことで、カップインの確率を高めることが出来ます。例えば、引っ掛ける事の多いゴルファーには、オフセットのないセンターシャフトのパターなどを使用すると、良い結果がでるでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、次回は、いよいよパッティング計測器「SAM」を使ったパターのフィッティングを紹介します。お楽しみに。



<関連リンク>
「ODYSSEY PUTT LAB」(オデッセイパットラボ)
オデッセイパットラボで体験!パター選び2
オデッセイパットラボで体験!パター選び3
体験!クラブフィッティングキャロウェイ編
体験!クラブフィッティングPING編1
体験!クラブフィッティングPING編2
体験!クラブフィッティングBS編1
体験!クラブフィッティングBS編2
キャロウェイゴルフ
PING WEBフィッティング(ピンジャパン)
ゴルファーズドック(ブリヂストンスポーツ)