アイアンセットの誤差

アイアンでは、ロフト・ライ角が適正なピッチを刻んでいる事が重要。測定は専用器具のあるゴルフショップに依頼
初心者ゴルファーのためのアイアン選び」で、ほとんどのアイアンセットのロフト角・ライ角には、カタログ上の設定数値と少なからず誤差があることを紹介しました。

主にロフト角は距離、ライ角は方向性に影響します。ロフト角は、番手毎に10-15ヤード刻みで距離が打てるように設定されていますが、2度以上の誤差があれば、確実にある番手は飛びすぎ、ある番手は距離が出ないという問題が起こります。

ライ角は、1度違えば打ち出し角が5度変わる可能性があります。また体格によって適正なライ角を使用することが良いスイングでショットするための条件であるとも言われています。

しかし、多くの工程を手作業で行う工業製品であるゴルフクラブには、現状どうしても設定値から誤差が出てしまう現状があります。ほとんど誤差なく製造しているメーカーも中にはあるのですが、それはむしろ例外。大多数のメーカーは、プラスマイナス1度(つまり最大で2度)程度の誤差は許容範囲と考えられています。

一般的には、ロフト角は番手間で4度。長い番手で3度刻みとなっています。ライ角は0.5度刻みです。これらの数値は、ゴルフの歴史の中で適正値となるよう長い年月の中で経験的に採用されたもので、現在もアイアンを語る上できわめて重要な決まりごとです。

ロフト角とライ角は、ターゲットを狙うというアイアンクラブの役割から考えると正確にピッチを刻んでいる必要があります。しかし、非常にショックな事ですが、実際にはほとんどのアイアンで何らかの誤差が出ているというのが現実。アイアンである番手だけ飛距離が合わなかったり、左右どちらかに飛び出しやすかったりする場合は、ロフト・ライ角の誤差を疑ってみてください。

>>ストロングロフトについて>>