ゴルフは道具を使用するスポーツ。初心者からプロまで、どんなゴルファーにも道具には好みやこだわりがあります。そんな中でもクラブを収集したり、実際に使用することを喜びとするゴルフクラブマニアの間で取引される希少価値の高いプレミアムクラブが存在します。前回に続き、そんなコレクションアイテムをズバリ紹介します。

名手を支えた名器
Wilson 8802

「Wilson 8802」。ベン・クレンショーの愛器として有名だが、そのほかにも多くの名手が使用(画像をクリックすると拡大します)
ゴルフの歴史のなかで、パターの名手と呼ばれる選手が多く存在します。彼らは一部の例外を除くと、同じパターを長期間使用しているという特徴があります。 例えば、杉原輝男プロや青木功プロはその代名詞とも言えるカマボコ型パターやT字型パターを20年以上使用しました。最近ではタイガー・ウッズがスコッティーキャメロンのピン型パター(NEWPORT II)を数年間ずっと使用していますね。 そうした切っても切れないプロとパターの中でもとりわけ有名なのが、ベン・クレンショーの使用したパター「Wilson 8802」。体格的には恵まれていないクレンショーですが、誰もが認めるパッティング技術の高さでマスターズ2勝をあげたトッププレーヤーとなりました。クレンショーが少年時代から愛用した「Wilson 8802」は、「リトル・ベン」という愛称で呼ばれています。 「Wilson 8802」は復刻版が大変多く、実際にゴルフ場で使用しているゴルファーを見かけることも多いですが、たいていは復刻版です。1963年に発売された初期モデルが最も価値が高く、一時期は10万円近い値段で取引されていました。現在はコンディション(クラブの程度)の良いものが少ないことと、L字型パターの人気が落ちていることもあり、流通価格はずいぶん下がってしまっています。
「Wilson8802」初期モデルのグリップエンドにあるフラッグマーク
1963年初期モデルと復刻版の違いはなかなかわかりにくく、ガイドも習得するまで何本も見比べた経験があります。簡単な見分け方としては、グリップエンドについているマーク。復刻版は「W/S」というエンブレムが入っていますが、オリジナルの初期モデルにはピンフラッグのマークがあります。グリップを交換されたら終わりなので完璧な判別方法ではないですが、わかりやすい目安になるので、クラブに出会ったらまずグリップエンドをチェック。
「Wilson 8802」の形状は、まさにクラシックスと呼べるもので、その後のL字型パターに大きな影響を与えています。現代のパターデザイナーの製作するL字型パターには、フランジの形状やネックの曲がり具合など「8802」のエッセンスが生きています。
>>次は、DESIGNED BY Arnold Palmer について>>