憧れのコレクションアイテム

「DESIGNED BY Arnold Palmer」。ゴルフの歴史を彩った名器の代表例
ゴルフは道具を使用するスポーツです。初心者からプロまで、どんなゴルファーにも道具には好みやこだわりがあります。そんな中でもクラブを収集したり、実際に使用することを喜びとする、ゴルフクラブマニアの間で取引される希少価値の高いプレミアムクラブが存在します。今回は、そんなコレクションアイテムを紹介しましょう。

ここ数年は、マニア間でもこうしたコレクションアイテムの流通は少なくなってきました。その理由としては、年月が経過し、コンディションのよいクラシッククラブが少なくなってきたことと、何よりコレクションアイテムには欠かせないプロゴルフファーの使用が少なくなったことがあげられます。

薄れゆく伝統のクラブに光を

トッププロゴルファーとプレミアムクラブは切っても切れない関係。多くのプレミアムクラブには、希少性とともに、長年使用したり、そのクラブで劇的な優勝を果たすなどの人気プロゴルファー愛用のエピソードがあるものです。

ところが、テクノロジーの劇的な進歩によって、プロゴルファーが最新モデルを使用するようになりました。特に顕著なのがウッドクラブで、大半のプロが400cc以上の大型ヘッドチタンドライバーを使用し、かつては全てのゴルファーが使用したパーシモン(柿の木)ウッドは完全に姿を消しました。結果、優れたクラフトマンシップを誇るパーシモンクラブを求めるゴルファーも激減するに至っています。

パターでもここ数年同様の問題があります。以前は年代物のクラシックパターを長く愛用するプロが多くいたものですが、現在の主流は「オデッセイ2ボール」に代表されるような大型のマレット型パターです。古いパターを使用していたプロも続々と最新モデルにスイッチしている現状があります。

こうした傾向の是非はともかく、ゴルフの歴史の一端を担ってきた名器の存在感が希薄になっているのは残念な事です。歴史が失われているこのような傾向に楔を打つ意味でもとりわけ有名なプレミアムクラブを紹介したいと思います。ゴルフを始めて間もないゴルファーにも知っていただきたい、出会えればラッキーなコレクションアイテムです。

>>次は、スコッティーキャメロンについて>>