「オデッセイ パット ラボ」とはなんぞや?

今年2009年7月からスタートしている「ODYSSEY PUTT LAB」(オデッセイ パット ラボ)
体験!クラブフィッティングキャロウェイ編」では、キャロウェイゴルフのクラブフィッティングについて紹介しました。今回は3回に分け、今年2009年7月からスタートしているパターのフィッティング、「ODYSSEY PUTT LAB」(オデッセイ パット ラボ)について紹介します。場所は同じく、港区白金台のキャロウェイパフォーマンスセンターです。

「ODYSSEY PUTT LAB」は軌道や打点位置などを計測。ゴルファーのパッティング傾向を分析できるパッティング計測器「SAMパットラボ」(Science & Motion )を使って他のクラブと同様、選任のフィッティングスペシャリストが豊富なバリエーションが揃うオデッセイパターから、パッティング傾向に合った最適な1本を選ぶというものです。

それに先立って約4年前、ガイドはオデッセイパターセミナーを受講しました。パターは、スコアアップの要であり、また多種多様な形状があります。他クラブに比べて、その選び方はむしろ難しいともいえますが、多くのゴルファーは単なる好みで選びがち。または、ゴルフショップ備え付けのパターマットで、よくカップインする、打ちやすいといった理由で購入に至ることも多いのではないかと思います。オデッセイパターセミナーでの講習では、そうしたパター選びをより根拠を持って論理的に出来るような、いくつかのノウハウを紹介してもらいました。

パターも他のクラブ同様、自分のパッティングの傾向などにマッチするクラブを選ぶべきだとガイドは思います。現状では、パター選びのノウハウはまだまだ一般的とは言えません。

パターのフィッティングとしては、画期的な「ODYSSEY PUTT LAB」のフィッティングをガイドが実際に学んだオデッセイパターセミナーの内容を解説しながら、紹介していきたいと思います。多くの方のパター選び、パット数減に大いに役立つはずです。

>>次は、距離感について>>