キャロウェイ、その革新的なイメージ

1988年に生まれたホーゼルを短くし、シャフトを貫通させるテクノロジー、S2H2「Short(短く)、Straight(まっすぐに)、Hollow(貫通した)、Hosel(ホーゼル)」。ネックの無いクラブの登場は、ゴルクラブの歴史に残る大事件だった
これまで、ブリヂストンスポーツピンと二度にわたり、メーカーのクラブフィッティングを紹介してきました。フィッティング特集3回目の今回は、キャロウェイゴルフです。

キャロウェイは、ウッドクラブのホーゼルを排除した「S2H2」、大型ヘッド(※といっても200cc以下)のメタルドライバーを大流行させた「ビッグバーサ」など、ゴルフ界の歴史を覆すような変革をもたらすプロダクツを生み出したメーカーです。プロアマ問わず使用者が多く、その革新的なブランドイメージに固定ファンも少なくありません。

名品「ビッグバーサ」以降も、チタンドライバーの優位性を証明した「グレートビッグバーサ」、さらに大型化を図った「ビゲストビッグバーサ」、高反発フェースを採用した「E・R・C」など、常にゴルフクラブの流行を生み出してきたともいえます。7番ウッドや9番ウッドなどのショートウッドを定着させたのも、先駆けて11番、13番ウッドに至るまでラインナップしたキャロウェイの功績が大きいでしょう。

女王アニカ・ソレンスタムは、プロ入り以前からキャロウェイを使用。メジャー10勝、LPGAで72勝を全てキャロウェイのクラブであげています。優勝争いを繰り返しながらメジャーに勝てなかったフィル・ミケルソンが、キャロウェイ契約後にメジャーで3勝をあげ、真のトッププレーヤーに成長したのも有名な話。

アマチュア向けでやさしいというイメージがありながら、トップクラスでも優れた成績をあげているところも大きな魅力といえるでしょう。

キャロウェイはもともと充実したスタジオを備えるなどして、フィッティングに力を入れていたメーカー。2008年に港区白金台に移転してからは、高級車のショールームのような洗練された、広く快適なパフォーマンスセンターにさらにグレードアップしました。

今回からは、キャロウェイのクラブフィッティングとパッティングのフィッティングを紹介します。

>>次は、I-MIXについて>>