組み合わせ可能! キャロウェイ「I-MIX」

ゴルファーの手で手軽にヘッドとシャフトの組み換えが可能な「I-MIX」
以前紹介したピンのフィッティングでは、「アドバンスフィッティングシステム(AFS)」という、ヘッドとシャフトをその場で付け替えて、最適スペックをさがす仕組みを紹介しました。これは、ピンのフィッティングのみで利用可能です。

ヘッドとシャフトを組み変えるというコンセプトでいえば、キャロウェイの「I-MIX」がよりポピュラーでしょう。ピンとは異なり、組み合わせ用のヘッドとシャフトを多数ラインナップし、実際にユーザがヘッドとシャフトの組み換えが出来る機能を本格的に展開しています。

ヘッドとシャフトの組み換えが可能な「I-MIX」はメーカーによると、体調や天候、コースコンディションにあわせて、ベストなヘッドとシャフトの組み合わせをチョイスしようというものです。

例えば強風時には、ロフト角の小さいヘッドや低弾道になりやすいシャフトを選択したりします。上達したり、トレーニングの成果が出ると重めで硬いシャフトに変えたり、冬の寒さで体の動かないときには軽めで軟らかめのシャフトを選択するなど、様々なシチュエーションで活躍可能です。

キャロウェイ「FT-9ドライバー」の「I-MIX」専用ヘッドは、ロフト角が0.5度刻み4種類に加え、ドローとニュートラルというボールのつかまり方の異なるヘッド特性が2種類と、ヘッドだけで8種類がラインナップされています(※一部受注生産)。

シャフトも自分で脱着可能で、ヘッドと組み合わせできる「I-MIX」専用のシャフトがラインナップ。「TOUR AD」「ROMBAX」「Diamana」といった人気の高いシャフトももちろん取り揃えています。

こうした機能がクラブフィッティングに有効なのは、前回ピンでの取材でも証明されています。今回も自分に合うスペックをチョイスするべく、多くのヘッドとシャフトを組み合わせ、フィッティングを行いました。

>>次は、弾道解析器をチェック!>>