ファッションを思いっきり楽しむためにも、くびれたウエストは欠かせません。そこで今回は、『下半身がミルミルやせるゾーンセラピー』(PHP研究所)等の著者でも知られ、5万人以上の臨床経験を基に独自のめん棒ゾーンセラピーを確立した鈴木きよみさんを取材。ウエスト周りに贅肉が付く原因をはじめ、めん棒を使ったゾーンセラピーで、みるみるウエストをサイズダウンさせるレスキュー技を直々に伝授して頂きました。

めん棒ゾーンセラピーとは

鈴木さん
アンピールアカデミー代表 鈴木きよみさん。東京・自由が丘にサロン『アンピール』を構える。現場でのセラピーを中心に活動しながら、各企業でのセミナーやカルチャースクールの講師も勤める。
足裏マッサージ+リンパマッサージ+経絡マッサージ+セルライトマッサージの4つのマッサージを融合し、太った原因にアプローチしていく独自のマッサージが「めん棒ゾーンセラピー」。どの部分を細くしたい時でも足裏からスタートするのが特徴です。

「足裏をランダムに押すと、痛みに差があるのに気付くはず。それは、痛みを感じた場所と関係の深い内臓に不調があるから。」と、鈴木きよみさん。

さらに、「めん棒ゾーンセラピーでは、リフレクソロジーの基本である足裏を刺激することで、リンパ、血液、エネルギーの流れをどんどん良くします。同時に内臓の働きが活性化されて脂肪がどんどん燃焼し、痩せやすい体に変わっていくのです。」とのこと。

これでダイエット!? めん棒ゾーンセラピーの嬉しい3つの約束&その理由

■食事制限をしない!
普段どおりに好きなものを食べる、甘いものでもOK.。無理に我慢しないのが、リバウンドを防ぐポイント。続ければ、自然に甘いものやジャンクフードを欲しないカラダになる。

■体重計に乗らない!
最初のうちは、ボディラインに変化は出ても体重は変わらないことも。体重の変化に一喜一憂しないのが大事。

■運動をしない!
堅太り=筋肉と脂肪の間にある固い贅肉は落ちにくいので、筋肉が付くような運動はしない。ヨガやストレッチなど、関節をやわらかくする運動ならOK。