水菜とマッシュルームのサラダ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

オニオンしょうゆドレッシングでいただく水菜のサラダ

生で食べる水菜の苦味とシャキシャキ感が気になる方も多いのでは。ということで、熱々のマッシュルームソテーを加えたサラダをご提案。水菜がマッシュルームソテーの熱で半分くったりとするので、食べやすくなりますよ。味付けは、ガイドのお気に入りのオニオン入りしょうゆドレッシングで、召し上がれ。

水菜とマッシュルームのサラダの材料(2人分

水菜とマッシュルームのサラダ
水菜 100g
マッシュルーム 5~10個
たまねぎ 30g (1/4個)
大さじ1
醤油 大さじ1/2
きび砂糖 小さじ1
オリーブオイル 大さじ3
少々
こしょう 少々
水菜の目安量ですが、大きな株なら1個、小さな株なら2~3個です。

水菜とマッシュルームのサラダの作り方・手順

水案とマッシュルームのサラダ

1:ドレッシングを作る

ドレッシングを作る
たまねぎを細かいみじん切りにします。

容器に酢、醤油、きび砂糖、オリーブオイル大さじ2を入れてよく混ぜ合わせ、仕上げにみじん切りたまねぎを加えて、ドレッシングを作ります。たまねぎの色がしょうゆ色に染まるまで、しっかりと漬けておきます。

2:水菜を切ります

水菜を切ります
水菜を洗い、3cm幅のざく切りにし、水気をよく切ります。

3:マッシュルームを炒める

マッシュルームを炒める
マッシュルームのいしづきを取ったら薄切りにし、熱したフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、こんがりと炒め、仕上げに塩こしょうで味付けをします。

4:盛り付けです

盛り付けです
器に水菜、マッシュルームの順に盛り付け、ドレッシングをかけてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

京野菜として有名な水菜。実は、一株で4kgを越える大きな株を持つ野菜です。もともと京都では、大きな株のものが食べられていましたが、水菜の人気が全国に広まるにつれ、若いうちに早採りされた、小さな株のものが食べられるようになってきました。早採りされた水菜は苦味が和らぎ、柔らかいので、生でも食べやすいです。サラダを作るときは、小株を選ぶのがおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。