冷え性のためのストレッチ!寝る前10分で快眠効果も

冷え性のためのストレッチ!寝る前10分の簡単温めヨガ

冷えきった体を寝る前のストレッチで温める!

今回は、ゆっくり眠りたいのに手足が冷えて眠れない!そんな20代、30代の女性に、寝る前10分でできる簡単ヨガストレッチをご紹介します。

冷えの改善はもちろん、快眠も期待できる一石二鳥のストレッチで、明日も美しく一日を過ごせるエネルギーをチャージして!


<冷え性のためのストレッチ>  

1.足のつま先まで血流を促すストレッチ

つま先が冷えてると言うことは、末端の血流が滞っています。足指を伸ばして土踏まずをほぐせばつま先までポッカポカです。
 
【足首と足裏のストレッチ】
 
 
1.右足のかかとで、左足の土踏まず周辺をグイグイと気持ちいいとこまで押し、揉み解します。
 
 
2.土踏まずがほぐれてきたら、足の裏全体を揉み解していきます。

※左右の脚を入れ替え、反対側も同様に行います。
 
 
3.足の裏をほぐしたら、手と足の指の付け根を重ね、手と足で握手するようにギュッと握ります。
 
 
4.足指を握ったまま、足首を大きく回しましょう。右回しと左回し5回ずつゆっくり行います。

※左右を入れ替え、反対側の足も同様に行います。
 

2.リラックスして快眠へ向かう肩と手のひらのストレッチ

肩や首がこっている時は、手のひらがむくみ硬くなっています。肩がこったままだと寝つきが悪いので、手のひらと肩をストレッチしてリラックスしてからお休みしましょう。
 
【肩と手のひらのストレッチ】
  
 
1.手の甲を自分のほうへ向け、反対の手で指の関節を伸ばしながら、ひじを伸ばし手のひらをストレッチします。手首を前へ押し出し、この姿勢で5呼吸します。

※左右の手を入れ替え、反対側も同様に行います。
 
 
2.手のひらを広げ指先を自分の方へ向け、マットやカーペットの上に指先をつける。可能であれば、できる範囲内で手の平もマットにつけ、大きく息を吸って準備。
 
 
3.<吐きながら>、背中を後ろへ引き、おへそを覗き込む。

首の力を抜き、少しずつ手のひらをマットへ近づけるこの姿勢でゆっくり5呼吸します。
肩と背中がスッキリして、腕のだるさも取れたでしょ?
ではゆっくりお休みください。明日もキレイで元気に頑張りましょう。


・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・ポーズの目的は病気やケガの診断・治療・回復ではありません。
・エクササイズの最中に異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・事故やケガ等についてはオールアバウトは一切責任を負いかねます。ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。