骨の老化とは?

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/6/0/hone111.jpg
こんなしなやかな動きができるのは健康な骨と関節のおかげ!
骨は体を支えるだけでなく、骨の内側にある骨髄で血液のもとになる赤血球や白血球を作っています。

骨は20代前半まで増え続け、40歳ぐらいまではその状態を維持し、それ以降は少しずつ量が減り続けます。よく耳にする「骨粗しょう症」は骨のミネラル成分が減って骨密度が低くなった状態で、軽いストレスでも骨が折れやすくなります。骨密度の低下は骨の老化のバロメーターになりますから、年に一度は骨密度を測定しましょう。

骨の老化チェック

特にダイエットや喫煙、運動不足などが続いている人は、20代、30代でも骨粗しょう症になることがあります。まずはこちらのチェックで骨の老化度をチェックしてください。

□「背が縮んだり姿勢が悪くなって背中が曲がってきた」
に当てはまり、下の項目に1つでもチェックが入ったら整形外科などで骨密度を測定しましょう。

□運動をしないし体も動かさない
□タバコを吸う
□牛乳、小魚、豆腐などを食べない
□月経不順(女性)

女性ホルモンと骨の健康

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/6/0/kansetu3.jpg
女性ホルモンの減少とともに骨密度も減少して骨が老化していく
女性ホルモンのエストロゲンには骨のカルシウムが溶け出さないようにブロックする働きがあるといわれ、エストロゲンの分泌が活発な40代前半までは骨密度が比較的に安定しています。しかし、閉経が近づく45歳以降から少しずつエストロゲンの分泌が減少し、骨密度が低下します。

骨粗しょう症にならないようにするためにも食事や運動習慣を見直して、体を支える土台である骨を健康に保ちましょう。