炊飯器で簡単パン作り♪ 黒糖さつま芋パン

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

炊飯器で楽しいパン作り♪

秋なので、秋にピッタリのパンを焼きましょう。 作って楽しい!食べて美味しい!体に優しい!いいことづくめの手作りパン。

黒糖さつま芋パンの材料(5合炊き炊飯器用

黒糖さつま芋パンの材料
強力粉 230g
薄力粉 60g
ドライイースト 小さじ1
黒砂糖 粉状の黒砂糖 大さじ4
小さじ1
牛乳 粉ミルク  大さじ2
ぬるま湯 200cc
フィリング
さつまいも 230g
200cc
砂糖 大さじ2
バター 10g
いり白ごま 大さじ1

黒糖さつま芋パンの作り方・手順

黒糖さつま芋パンの作り方

1:

さつま芋を7~8ミリ角に切り、水にくぐらせてから水を切る。 さつま芋を鍋にあけ、水1カップ、砂糖大さじ2、バター10g入れて煮て、汁気がなくなるまで煮詰めてグラッセを作る。

2:

強力粉、薄力粉、イースト、黒砂糖、塩、粉ミルクをボウルに取り、泡だて器でかき混ぜる。風呂の温度程度のぬるま湯を注ぎ入れながら、箸でかき混ぜ、全体に行き渡ったら、ラップをふんわりかけ、10~15分放置する。
注:粉ミルク→スキムミルクかコーヒー用の粉ミルク。小麦粉は強力粉だけでも可。

3:

3~5分間、手でこねたり、打ち付けたりした後、さつま芋とゴマを加えて混ぜ、まるめてサラダ油を薄くぬった内釜に入れる。ラップの片側を水で濡らしてかけ、炊飯器にセットする。

4:

保温スイッチを入れて12分→スイッチを切って35分、2倍の大きさに発酵させる。 手をグーにして打ち粉をつけて、生地を押してガス抜きし、丸めて上下を反対にして、内釜におさめる。 注 (写真は 発酵前の生地)

5:

水で濡らしたラップをかけ、保温スイッチを入れて10分→スイッチを切って20分、 2倍~2.5倍の大きさまで発酵させる。 注 (写真は 二次発酵後の、炊く直前の生地) 

6:

ラップを外して普通に炊く。スイッチが切れたら網の上で冷ます。
注 (スイッチが切れるまで、普通の米が32分で炊ける炊飯器で、45分かかりました。)

7:

オヤツにも軽食にもなるパン。

8:

品良く甘い ふわふわの黒糖パンの中に ホクホクのさつま芋。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。