簡単!激ウマ!! 塩豚焼肉べんとう

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず焼き肉

 

簡単!激ウマ!! 塩豚焼肉べんとう

お弁当用の焼肉にする場合、豚肉薄切りの塩漬けは30分から1時間くらいが最適です。それ以上漬けると、しょっぱくなります。漬け過ぎた場合は、湯引きして冷しゃぶサラダやスープの具などにして使い回しを。また豚肉の厚みによって漬け時間が異なるので、注意してください。とんかつ用であれば、12時間ぐらいの塩漬けがベストです。
そしてザワークラウトは漬け汁の砂糖を溶かすために、早めに合わせることが手早く作るポイントです。

調理スタート 
↓ 豚肉に塩をつけ、冷蔵庫でねかす (塩豚)
5分 
↓ 漬け汁の材料を合わせ、昆布の下処理をする(ザワークラウト)(炊いたの)
10分
↓ 材料を切る(炊いたの)(ザワークラウト)
15分
↓ 野菜を塩でもむ(ザワークラウト)
17分
↓ 材料を炒め煮する(炊いたの)
23分 
↓ 甘酢に漬ける(ザワークラウト)
25分
↓ 豚肉を洗って焼く(塩豚)
完成

※塩豚:簡単! 塩豚の焼き肉
※炊いたの:昆布とさつま揚げの炊いたの
※ザワークラウト:キャベツときゅうりの即席ザワークラウト

塩豚焼肉べんとうの材料(1人分

塩豚の焼き肉の材料
豚肉 3枚(薄切りロース)
小さじ1/2(天然塩)
ブラックペッパー 少々
サラダ油 少々
ねぎ 4cm幅 1本
ごま油 小さじ1/2
糸唐辛子 少々
昆布とさつま揚げの炊いたのの材料
昆布 10g(刻み昆布)
さつま揚げ 30g
にんじん 20g
ごま油 少々
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1
キャベツときゅうりの即席ザワークラウトの材料
キャベツ 90g
きゅうり 35g
ミニトマト 1個
小さじ1/4
キャベツときゅうりの即席ザワークラウト(調味液)の材料
アップルビネガー 大さじ1
グラニュー糖 小さじ1/2
大さじ1/2
クミンシード 20粒
少々

塩豚焼肉べんとうの作り方・手順

塩豚の焼き肉の作り方

1:

白ねぎは白髪ねぎに。浄水にさらして水気を切ってからごま油、糸唐辛子、塩を加えて和える

2:

豚肉を広げて、天然塩を全体にまぶしてラップをし、冷蔵庫で30分から1時間ほどねかす

3:

塩豚を水で洗い、クッキングペーパーで水気をふきとり、食べよく半分に切る

4:

フライパンに油をひき、塩豚を広げるように焼く

5:

焼き色がついたら返して裏面も焼き、黒コショウをふりかける

昆布とさつま揚げの炊いたのの作り方

6:

昆布は洗って3分ほど水につけやわらかくし、ハサミなどで食べよく切る

7:

さつま揚げは厚さ7mmに、にんじんは長さ4cm、幅3mmに切る

8:

鍋にごま油をひき、昆布、さつま揚げ、にんじんを炒める

9:

油が食材になじんできたら、だし汁、砂糖、しょう油、みりんを加え、煮汁がほぼなくなるまで煮る

キャベツときゅうりの即席ザワークラウトの作り方

10:

調味液を早めに合わせておく

11:

キャベツは洗って一口大のざく切り
きゅうりは長さ3cm、6等分の縦割りにする

12:

それぞれ塩をふりまぜ、10分置く

13:

水気をよく絞り、調味液を加えて混ぜる

14:

密着ラップをして味をなじませる
盛り付け時に1/4カットしたプチトマトを添える
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。