サーモンのフライ、レモンバターソース

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずフライ

 

サーモンのフライ、レモンバターソースのレシピ

さっくり、生鮭のフライを、いつもとちょっと違うソースでいただきましょう。たっぷりのレモンとバターで作るソースは、さわやかさとまろやかさが楽しめ、鮭との相性もよいのです。また、作り方はけっこう簡単なのに、見た目はけっこうよし。気軽におもてなし料理を作りたい時におすすめです。

サーモンのフライの材料(約4人分

サーモンのフライ
4切れ(生鮭)
少々
こしょう 少々
パン粉 適量
適量(溶いた物)
小麦粉 適量
適量
サワークリーム 少々(飾り用)
レモンバターソース
大さじ2
レモン 2コ
バター 100g
パセリ 大さじ2程度(みじん切り)

サーモンのフライの作り方・手順

サーモンのフライの作り方

1:

鮭は骨と皮をとりのぞき、表面に軽く塩コショウをして、10分ほど置きます。水分が浮いてきたら、よく水気をとります。

2:

パン粉をフードプロセッサーに入れ、細かくします。ないときは、袋などに入れて手でもんで細かくします。

3:

水気をふき取った鮭に、小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけます。

4:

揚げ油を温め、中温(170度程度)で鮭を揚げてゆきます。きつね色になり、中までしっかり火が通ったら金網に揚げて余分な油を切ります。

5:

パセリはみじん切りにしておきます。鍋に水とレモンの絞り汁を入れて火にかけます。半分ぐらいの量まで煮詰まったら、バターを加えて溶かし、とろみがつくまで中火より弱めの火加減で加熱します。火を止めたらパセリを加えます。
ソースをお皿に敷き、その上に揚げた鮭を盛り付けます。お好みでサワークリーム少々、その他彩りにパセリや赤い野菜(ミニトマト)などを添えると目にもきれいです。

ガイドのワンポイントアドバイス

鮭の余分な水気をしっかりとりのぞくと、臭みがなく、衣もさっくりと仕上がります。鮭をフライにせず、ソテーにしてもおいしくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。