つゆだく牛丼

所要時間:20分

カテゴリー:牛丼

 

国民食の代表格「牛丼」

使用する牛肉は、牛バラ肉や切り落とし肉といった部位がおすすめ。適度な脂があって、煮込んでも固くなりにくく、火通りが早くて、ご飯ともからまりやすいので、牛丼の具に向いています。味付けの仕上げに米酢を加えることで、味がしまり、甘辛味を引き立てます。安価な材料と身近な調味料を使って短時間にできるお手頃レシピ、ぜひお試しを。

つゆだく牛丼の材料(2人分

牛丼の材料
牛バラ肉 または切り落とし約200g
たまねぎ 1/2個
生姜 1かけ
ご飯 丼2杯 (炊きたて)
50cc
みりん 大さじ2
三温糖 大さじ2.5
醤油 大さじ3
100cc または湯
米酢 小さじ1/2
牛肉の下味用調味料
大さじ1
醤油 大さじ1

つゆだく牛丼の作り方・手順

牛丼の作り方

1:材料の下ごしらえをする

材料の下ごしらえをする
牛肉を食べやすい大きさに切り、下味用の調味料をふって軽くもみ込みます。玉ねぎは皮をむいて1cm幅程度のくし形に、しょうがは皮をむいて千切りにします。

2:鍋に調味料としょうがを入れて沸騰させる

鍋に調味料としょうがを入れて沸騰させる
鍋に、料理酒、みりん、三温糖、しょうゆ、千切りにしたしょうがを入れて火にかけます。

3:牛肉を加えて煮る

牛肉を加えて煮る
沸騰した2に、下味をつけておいた牛肉を加えます。弱めの中火にし、肉をほぐすようにして軽く混ぜながら牛肉に火を通し、味がしみるよう5分ほど煮ます。アクが出てきたら取り除きます。

4:水と玉ねぎを加えて煮込む

水と玉ねぎを加えて煮込む
牛肉に火が通って味がしみてきたら、水と玉ねぎを加えます。火を強めて再沸騰したら火を弱め、玉ねぎが飴色になるまで弱火で8〜10分ほど煮込みます。牛肉と玉ねぎに味がしみ込んだら米酢を加えてさっと混ぜ、ひと煮立ちしたら火を止めます。丼によそったご飯の上に、煮汁と一緒に具をかけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛肉と玉ねぎを一度に煮てしまうと、玉ねぎの方に先に味がしみてしまい、牛肉の味がしみ込むまで時間がかかるため、煮汁が煮詰まってしまったり、玉ねぎの歯ごたえがなくなってしまったりします。牛肉に火を通す前に下味をつけるひと手間と、先に煮汁で牛肉を煮て味つけすることで、牛肉と玉ねぎのしみ込み具合がちょうど合い、おいしく仕上がります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。