イタリアンの基本/イタリアンの基本関連情報

2色パプリカのカッザレッチ

イタリアでペペローニとよばれるパプリカ。じっくり炒めると、なんとも美味しい「甘み」が出てきます。ショートパスタに絡めるヘルシーなパスタメニューです。

沈 唱瑛

執筆者:沈 唱瑛

イタリアンの基本ガイド

2色パプリカのカッザレッチ

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物パスタ

パプリカの旨味を凝縮

今回のオススメは、パプリカソースです。イタリアではペペローニと呼ばれるパプリカを小さめに切って、じっくりとオリーブオイルでソテーすれば、なんとも甘い味わいに。アクセントにくるみを加えれば、ちょっとリッチな味わい。ありあわせの材料で作れるので、忙しい時などにはオススメです!

2色パプリカのカッザレッチの材料(2人分)

2色パプリカのカザレッチの材料
パスタカザレッチ180g
パプリカ1/2個(黄色)
エシャロットベルギーエシャロット1/2個
くるみ適宜(ローストして砕いたもの)
ニンニク1/2個
エクストラバージンオリーブオイル大さじ2
適量
イタリアンパセリ適宜
ペコリーノチーズ大さじ2-3

2色パプリカのカッザレッチの作り方・手順

2色パプリカのカザレッチの作り方

1

エシャロットはみじん切り、パプリカは種をとり、中ワタをきれいに取り除いて1cm角に切る。くるみは予めローストしておき砕いておく。<br />
エシャロットはみじん切り、パプリカは種をとり、中ワタをきれいに取り除いて1cm角に切る。くるみは予めローストしておき砕いておく。

2

鍋(もしくはフライパン)にオリーブオイル、ニンニク、エシャロットを入れ、弱火にかけ、エシャロットから旨味をだすような感じで炒める。<br />
鍋(もしくはフライパン)にオリーブオイル、ニンニク、エシャロットを入れ、弱火にかけ、エシャロットから旨味をだすような感じで炒める。

3

エシャロットが炒まってきたら、パプリカを入れ、塩をふり、強めの弱火で10分位じっくり焦がさないように炒める。カザレッチは塩をした湯でアルデンテに茹で、パプリカのソースにからめる。この時、くるみとペコリーノ、エクストラバージンオリーブオイル大さじ1杯を一緒にからめる。<br />
エシャロットが炒まってきたら、パプリカを入れ、塩をふり、強めの弱火で10分位じっくり焦がさないように炒める。カザレッチは塩をした湯でアルデンテに茹で、パプリカのソースにからめる。この時、くるみとペコリーノ、エクストラバージンオリーブオイル大さじ1杯を一緒にからめる。

4

皿に盛り、みじん切りにしたイタリアンパセリを散らす。くるみのアクセントが香ばしいパスタです。<br />
皿に盛り、みじん切りにしたイタリアンパセリを散らす。くるみのアクセントが香ばしいパスタです。

ガイドのワンポイントアドバイス

くるみがない場合は入れなくても美味しくいただけます。好みで1の手順の時、ペペロンチーノを入れても美味しくいただけます。ちょっとコクを出したい場合、生クリームを大さじ1杯入れると変わります。ペコリーノロマーノが手に入らない場合、パルミジャーノでもOKです。

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます