厚揚げで作るゴーヤチャンプル

所要時間:20分

カテゴリー:炒め物ゴーヤチャンプルー

 

ゴーヤの苦みがやみつきになるお味

ゴーヤは別名にがうりと呼ばれる苦みがクセになる野菜です。この苦みですが、きちんと下処理しないと苦くて食べられたものではありません。しかしながらしっかりと下処理すれば、自宅でも手軽においしいゴーヤチャンプルを作ることができます。

厚揚げで作るゴーヤチャンプルの材料(2人分

厚揚げで作るゴーヤチャンプルーの材
ゴーヤ 1本
豚バラ肉 200g
厚揚げ 1個
1個
小さじ1
こしょう 少々
醤油 小さじ2
サラダ油 適量

厚揚げで作るゴーヤチャンプルの作り方・手順

ゴーヤチャンプルの作り方

1:

厚揚げは熱湯をかけて、余分な油を落とします。お湯を切ったらフライパンで両面に焦げ目がつくくらい焼きます。焼けたらフライパンから取り出して、ひと口大に切ります。

2:

豚肉はひと口大に切り、卵はボールによくほぐしておきます。
ゴーヤを縦に切り、スプーンで白いワタを取り除きます。(詳しい手順はゴーヤの下ごしらえを参照)

3:

ゴーヤを5mm幅くらいの薄切りにします。
苦いのがダメな人は細めに、好きな人は太めに切りましょう。

4:

(※ここがポイント!)熱したフライパンに油を多めに引き、ゴーヤを油となじませ、弱火でじっくり炒めます。豚肉を加えて、中火で赤い部分がなくなるまで炒めます。

ゴーやは油になじませると、さらに苦みが和らぎます。

5:

厚揚げを加えてさらに炒め、塩、こしょう、醤油で味付けをします。
強火にして、溶き卵を全体にからませ、半熟になるくらいに仕上げてできあがりです。


ガイドのワンポイントアドバイス

ゴーヤと油をしっかりとなじませます。ゴーヤの苦みが和らぎますので、食べやすくなります。沖縄産のゴーヤはずんぐりとしていて、苦みが強くありません。長い時間炒めていると、ゴーヤ特有のシャキシャキとした歯ごたえがなくなりやすいので、ほどほどに炒めましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。