ニューヨークやサンフランシスコ名物、アメリカのパン

ユダヤ教の食品、コーシャーであったベーグルもいまやNY名物。セサミやシナモンを使ったものもあり、バリエーション豊か

ユダヤ教の食品、コーシャーであったベーグルもいまやNY名物。セサミやシナモンを使ったものもあり、バリエーション豊か

サワードゥブレッド発祥の地、フィッシャーマンズワーフ

サワードゥブレッド発祥の地、フィッシャーマンズワーフ

アメリカ生まれのパンといえば、空気中の乳酸菌を発酵させて作る「サワードゥブレッド」。1800年代、ゴールドラッシュの時代に生まれたサンフランシスコの名物です。サンフランシスコの観光名所、フィッシャーマンズワーフでは、サワードゥブレッドの中身をくりぬいてクラムチャウダーを入れた「クラムチャウダーボールブレッド」も人気ですので、ぜひお試しを。

いまやニューヨーク名物の「ベーグル」は、ユダヤ人がアメリカに持ち込んだもの。焼く前に生地を一度ゆでることで、あのもちっとした食感を実現しています。クリームチーズやサーモンをはさんで食べるのが一般的ですが、チョコ味やゴマを混ぜたものなどバリエーションは豊富です。

 

<記事INDEX>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。