東欧の料理ってどんなもの?

東欧の国々は肉料理が中心。なかでも煮込み料理が多く、全体的に温かい家庭的なムードが漂います。周辺諸国の影響を受けながらも、独自のアレンジも生み出し、パプリカを多用するハンガリーやヨーグルトを味付けに使うブルガリアをはじめ、個性溢れる味わいを楽しめるのが魅力です。

多彩なスープに注目、ポーランド料理

バルシチ
ビートから作られる色鮮やかなスープ「バルシチ」は、ポーランド版ボルシチ ©ポーランド政府観光局
ドイツやロシアの影響も受けているポーランド料理の主役は肉。定番は豚のカツレツ「コトレット・スハボヴィ」、ほかに牛肉のタルタルステーキ「タタール」もよく食べられています。主食はパンやジャガイモで、料理の付け合わせにはマッシュポテトがたっぷり。スープの種類にも目を見張り、発酵したライ麦のスープにゆで卵を入れた「ジュレック」、ビートのスープにウシュカと呼ばれる具を浮かべた「バルシチ」など実にバラエティに豊かです。伝統的な家庭料理といえば、ザワークラウトを肉や野菜と一緒に煮込んだ「ビゴス」。その素朴な味わいにほっと和みます。