自転車保険への関心が高まっている

交通事故の件数は減少傾向にあるものの、自転車 対 歩行者の事故などは大きく減少していない状況です。また自転車保険の加入義務化が全国の自治体で進んでいます。
 
自転車保険で何が補償されるの? どこで加入する?

自転車保険で何が補償されるの? どこで加入する?


関心が高まる自転車保険の補償内容やどこで加入できるのかを解説します。

   

自転車保険の補償内容

自転車保険は、損害保険のジャンルで分類すると「傷害保険」に区分けされます。

主な補償は
  • 自転車に乗っているときのケガの補償
  • 第三者(他人)にケガをさせたり、その人のモノを壊したりした場合の損害賠償
の2つです。

中には高額なスポーツタイプの自転車に乗っている人もいて、ケガや賠償だけでなく自転車そのものの盗難や破損なども心配だと思いますが、一般的な自転車保険ではそこまで補償されていません。一部の少額短期保険が条件付きながら、高額な自転車の盗難や破損を補償する保険の取り扱いをしていますので、興味のある人は調べてみてください。

どの保険についても同じですが、保険の加入を考える際は何が必要なのかを今一度考えてみましょう。自転車で会社に通勤するようになった、子供が自転車に乗っている、買い物に行くからなど色々理由があると思います。

その上で、何について心配なのか確認してみると、必要な補償が見えてきます。
 

自転車保険の現状は、「交通事故傷害保険」による代用がほとんど

自転車の事故だけを補償する本来の「自転車保険」は、損保各社ともかなり以前に発売を中止しています。しかし自転車事故の補償ニーズもあることから、「交通事故傷害保険」で代用しているケースがほとんどです。

交通事故傷害保険は、交通事故全般を補償する保険であるため、自転車事故だけでなく、自動車やバイク、航空機、電車、船舶、エスカレーターなどによるケガも補償対象です。なお交通事故以外のケガも補償する「普通傷害保険」と比較すると割安です。
 

最近、取り扱いのある商品は「自転車向けプラン」

このように近年自転車向け保険として販売されている保険は、そのほとんどが交通事故傷害保険(もしくはこれに類似の保険)ですが、もともと販売されていた自転車保険ではありませんので、よく読むとどれも自転車保険という言葉は使っていません。

そのため「自転車向けプラン」というような表現になっています。補償内容に自転車以外の交通事故まで補償されると記載があれば、交通事故傷害保険もしくはこれに類似の保険でまず間違いありません。これらのプランの加入については各損保ともたいてい商品を取り揃えています。

加入制限などは通常はないでしょうから、興味があれば各損保に照会してみてください。今はネットなどで加入できる商品も増えています。

なお、高齢の方は傷害保険の引き受けや契約内容に制限を設ける損保が一般的になってきたため、該当する方は今後の動向に注意してください。
 

自転車保険の補償はすでに加入中の保険とダブっていない?

自転車保険への加入は厳しくなっているのが現状です。ただし、ダブっている補償がないかと、そもそもどんな補償が必要なのかをもう一度確認してください。

第三者(他人)への損害賠償が必要なのであれば、自転車保険でなくても「個人賠償責任保険特約」などを火災保険や自動車保険、傷害保険などに付帯しておけば対応可能です。

最近のものはたいてい「示談交渉サービス」まで付帯されています。月払いで150円程度増やせば十分な補償がつけられます。

ケガの補償については、既に「普通傷害保険」などに加入しているなら、補償はダブっていることになるため、あえて自転車向けの保険・プランを備えなくても大丈夫です。

なお、生命保険の医療特約や医療保険の契約がある場合、通院のみの場合は対象となりませんからこれは除外して考えていいでしょう。ケガの場合には入院せずに通院のみの治療が結構あります。ただし、通院部分の補償の保険料率は近年かなり高くなっています。そのため最近の自転車保険では、通院補償がないか、通院日額が1,000円などと少ないものがほとんどです。最高何日補償されて、最高いくらまで補償されるか計算してみて必要性の判断をしてください。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。