自転車保険への関心が高まっている

自転車保険
自転車保険で何が補償されるの?
自転車による事故が社会問題化しています。そこでにわかに脚光を浴びているのが自転車保険です。かなり昔からある保険でしたが、自転車保険の契約については各損保会社でかなり制限がでてきています。

自転車事故や自転車保険については当損害保険ガイドサイトでも何度か記事で取り上げてきました。それだけ関心の高いテーマなのだと思いますし、実際に当ガイドのところにも自転車保険に加入したいが、どこで加入したらいいのかという問い合わせがきます。

そこで今回は自転車保険の加入先について考えてみたいと思います。

自転車保険の内容

自転車保険というものは、損害保険のジャンルで分類すると「傷害保険」の中に入ります。主な補償は、自転車に乗っているときのケガの補償と、第三者(他人)にケガをさせたり、その人のモノを壊したりした場合の損害賠償の2つです。

自転車にも色々あって、なかには高額なスポーツタイプの自転車に乗っている人もいると思います。そういう人の場合は、ケガや賠償だけでなく自転車そのものの盗難や破損なども心配だと思いますが、自転車保険ではそこまで補償されていません。

何の保険についても同じですが、保険の加入を考える際に何が必要なのかを今一度考えてみてください。自転車で会社に通勤するようになった、子供が自転車に乗っている、買い物に行くからなど色々理由があると思います。

その上で、何について心配なのか確認してみると、必要な補償が見えてきます。

自転車保険は売り止め?

冒頭でお話ししたように、自転車保険は各損害保険会社が販売を停止しています。もともと損害保険会社の取り扱い商品が多く、補償がダブっているものがあったことが理由です。

また、保険金不払い問題によって、多様化していた保険商品の絞込みなどを各損保会社が行っていて、古くからある商品は売り止めになっているものが結構あります。

今回の自転車保険だけでなく、スキー・スノーボード保険、釣り保険、個人賠償責任保険などもそうです。自転車保険そのものは、保険商品として古いのは否めないところです。

ただし、自転車に関連する事故を補償するものですから、保険料は安いというメリットはあります。