個人賠償責任保険、保険会社や加入方法で損得に違いは?

日常生活に関わる損害賠償事故全般を補償するのが個人賠償責任保険

日常生活に関わる損害賠償事故全般を補償するのが個人賠償責任保険

損害保険の中でも保険料が安いわりに補償範囲が広く、私たち個人の日常生活に関わる損害賠償事故全般を補償するのが個人賠償責任保険(または個人賠償責任補償、日常生活賠償など)です。

※カッコ内に異なる名称を併記していますが、損保会社や保険商品で名称が統一されていないためです。

なかなか使えるぞ!個人賠償責任保険」でも触れていますが、個人賠償責任保険を取り巻く環境・状況は変わってきています。その点も踏まえて、今回は加入先や加入方法などに絞って解説していきたいと思います。

個人賠償責任保険って何?

その前に、個人賠償責任保険の基本的なところをお話ししておきましょう。この保険は私たち個人が日常生活の中で、第三者の身体や財物に対して法律上の損害賠償責任を負った場合に補償されるものです。

もちろん保険金が支払いとならない要件はありますが、日常生活全般を補償するものなので補償の範囲はかなり広いといえます。また、家族型あるいは家族全員で加入する必要はなく、例えばその家の生計維持者が加入すれば、配偶者や子供、同居の親などまで補償範囲に入ります。

最近の動きとして責任無能力者を監督するその親族(認知症の親を介護する子など)を記名被保険者に拡大したり、同性間パートナーを配偶者の定義に含める動きなどがでてきています。

個人賠償責任保険は「特約」。気づかぬうちに付帯していることも

個人賠償責任保険は単独で加入することがほとんどできないので、他の保険に特約で付帯して契約するのが一般的です。そのため正式には個人賠償責任保険「特約」ということになります。

この特約を付帯できるのは、主に自動車保険、火災保険、傷害保険、積立(傷害・火災)保険などです。

加入を考えている人は一度、自分もしくは家族が加入している保険を一度見直し、重複していないか確認してみましょう。損保各社でも重複契約は契約者の不利益になるとのことで、以前に比べると細かく重複契約をチェックしています。実際に特約保険料は負担の大きなものではありませんが、無駄に支払う必要もありません。

個人賠償責任保険を特約付帯する場合の注意点は?>>>