火災保険には水に関連する補償がいくつかある

火災保険の水漏れ、水害、雨漏りの違いとは?

火災保険の水漏れ、水害、雨漏りの違いとは?

台風や集中豪雨などによって洪水や高潮などが発生して、住宅が流失したり、床上浸水などの被害が発生します。また建物もある程度年数が経過してくると給排水管などからの漏水が原因で水漏れ事故が多くなりなります。

これらは近年事故の発生が増えている損害ですが、火災保険のどこから補償されるかは実は違います。意外と知らない火災保険の水に関係する損害の補償について確認していきましょう。

水害(水災)、床上浸水による損害

台風や集中豪雨などによる洪水や高潮による損害を補償するのが、火災保険の「水災」という補償です。

洪水によって家が流された、床上浸水して室内の壁の貼り替えが必要になったなどの時に補償します。この補償は保険金の支払いについて色々要件があります。30%以上の損害があった、建物地盤面から45センチ以上、床上浸水(床下浸水は対象外)などです。

洪水や豪雨などで下から水が上がってきて被害に遭う損害をイメージしてください。この補償は取り外しできることが多いのも特徴です。マンションの上階に居住している、あるいは住まいが高台にあって床上浸水する可能性が限りなくないような人もいます。

そのため要不要が比較的はっきり分かるため不要な人には除外することで保険料を安くすることができます。なおちょっとイメージしにくいでしょうが、この補償で土砂崩れも補償します。

住まいが川や山などの近くにある場合には、この補償が充実しているものに加入するといいでしょう。この補償を除外する際に気をつけておいてほしいことが、都市型の洪水が増えていることです。集中豪雨などで水が排水されずにあふれ出して浸水してくるケースです。

床上浸水に床下浸水…水害で火災保険は支払われる?

津波は火災保険では補償されない

水害の話をしたので、間違えやすいところを捕捉しておくと、津波は火災保険では補償されません。地震保険の加入が必要です。

ややっこしいですが、暴風で川が氾濫して床上浸水してきたら火災保険の水災で補償します。しかし大津波が発生して川を逆流して水が流れてきたらこれは地震保険の範疇です。補償の区分けをしっかりつけてください。

漏水による水濡れ

給排水管は毎日使用するものですから、長い間には漏水などが発生します。このときに給排水設備の事故による漏水で建物や家財に損害があった場合、火災保険の「水濡れ」で補償します。

水災は集中豪雨などの結果、床上浸水など下から水が上がってくるものです。水漏れは給排水設備などから水が落ちてくる(漏れてくる)イメージです。

例えば水漏れでもマンションなどで上階に住んでいる人が、洗濯機のホースを外れているのを気づかずに水漏れさせてしまったときには原因と責任は上階の人です。こうしたときには上階の人が自腹かこの人の個人賠償責任保険などで弁償してもらいます。

自分の火災保険の補償ではないということです。何が原因で、誰に被害があったかで判断します。この水漏れで補償するのは、事故の予測ができず、突発的に発生したものであることが基本です。また給排水設備そのものは補償されません。それは事故ではなく単なる劣化だからです。

注意点としては一度給排水設備から漏水していて、給排水管の交換が必要であったにも関わらず応急処置のみで交換しなかったような前提だと、火災保険の水漏れで補償するのが難しくなります。先ほど説明したようにこれだと事故の予測ができるからです。

マンションの水漏れ事故で保険はどうなる?

隣家で火災が発生、消防による放水で水濡れしたら?

隣の家から火災が発生した際、消防活動による放水などで建物や家財などが水浸しになることがあります。このケースでは加害者は隣の家の人ですが、失火責任法があるので一般的にはこの人に損害賠償することができません。

そうなると自分の火災保険を使うことになりますが、水濡れ損害というよりは火災の補償そのものからの補償として対応します。

雨漏り

雨漏りについては火災保険では補償されていません。少し細かい話をすると、例えば大型の台風で屋根の一部が破損した結果、そこから雨漏りがしたというなら火災保険で補償されます。

しかし単なる建物の劣化による雨漏りであるとか、長い間に建物にすき間ができていて、そこから雨が吹き込んで損害が起きたときも対象外です。いずれも事故というよりは劣化や消耗などが原因になっているためです。

急な豪雨で雨漏りしたら保険金は出る?

火災保険に水にまつわる損害と補償の違いを理解する

このように水害や津波、漏水による水漏れ、雨漏りは火災保険あるいは地震保険における補償されるか否かと補償する場合にどの部分から補償するかが大きく異なるのです。細かいところもあるので分かりにくいでしょうが、水害は立地や建物構造にかなり左右されます。

水濡れ損害はマンションでも一戸建てでもある程度の築年数を経過していると、どこでも発生する可能性があるので必須の補償です。これらの水にまつわる火災保険の違いを理解してプランを検討してください。

※損害保険会社によって商品性に違いがある点は考慮してください。

関連記事

土砂災害は火災保険で補償される?
地震保険、2019年1月に値上げ改定と新保険料
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。