土砂災害でマイホームに被害…火災保険はどう役立つ?

大雨が降ると土砂災害が起きやすい

大雨が降ると土砂災害が起きやすい

台風や集中豪雨などがあると、これらを原因に土石流、地すべり、がけ崩れなどの土砂災害が発生することもあります。

家が潰されたり、家の中に土砂が入ったりと大きな被害がある土砂災害ですが、実は火災保険で補償をつけることができます。

土砂災害と火災保険の補償について、契約の際のポイントや注意点とともに解説していきます。

土砂災害と火災保険の補償内容

最初に、火災保険の主な補償内容について確認しておきましょう。保険会社ごとの火災保険商品やプランによって違いがある点を念頭におきつつ、読み進めてください。

火災保険の損害保険金の補償内容は、主に次のとおりです。

  1. 火災
  2. 落雷
  3. 破裂・爆発
  4. 風災・雹災・雪災
  5. 建物外部からの物体の飛来・落下・衝突
  6. 給排水設備の不備による水濡れ
  7. 騒じょう・集団行動・労働争議に伴う暴行
  8. 盗難
  9. 『水災』
  10. 偶然な事故による破損など

1~4までの補償はたいていの火災保険で補償されています。最近では、自分で必要な補償を選ぶ火災保険などもあり、補償内容もさまざまです。

土砂災害は上記の内容の9.の「水災」で補償します。 水災というと大雨や台風、ゲリラ豪雨(集中豪雨)などによる洪水や高潮、床上浸水などです。

火災保険の補償上、ここに土砂災害が入ります。火災保険では水災といいますが、水害と同じ意味です。

土砂災害と水災の補償、各社の火災保険商品の状況は?

現在、損保各社が取り扱っている火災保険は、水災の補償を自分で除外したり、自分で除外されているプランを選ばない限り通常は補償されます。

すでの発売されていない旧来損保各社の共通商品であった火災保険のうち、住宅火災保険・普通火災保険などでは水災の補償はありません。補償があるのは、住宅総合保険・店舗総合保険です。

仮にこれらの契約が残っているとすれば保険期間20年、30年などの長期契約でしょうが、保険金額(契約金額)の設定や保険金の支払いなどは現在のものとは違いますので、こうした機会に確認しておいてください。

次のページでは、土砂災害を火災保険で補償する際のポイントや、土砂災害があったときの保険金の支払いについて解説します>>